人と人が交わるところに「文化」が生まれる。

人と人が交わるところに「文化」が生まれる。

京都

国内外で多様なアーティストと出会い、
“文化混流”することで生まれ続ける新たな表現

「東京キャラバン」は、「東京2020オリンピック・パラリンピック」の文化プログラムを先導する東京都のリーディングプロジェクトとして、2015年に始まりました。

劇作家・演出家・役者である野田秀樹の発案により、多種多様なアーティストが出会い、国境/言語/文化/表現ジャンルを越えて、“文化混流”することで、新しい表現が生まれるというコンセプトを掲げ、それぞれのジャンルを超えたパフォーマンスを各地で展開しています。

2015年の東京・駒沢に始まり、2016年にリオデジャネイロ、東北(仙台・相馬)、六本木にて開催。2017年度からは「東京2020公認文化オリンピアード」として本格始動し、日本全国の自治体(道府県、政令指定都市、中核市)の中から立候補を募り、共感いただいた44の地域から開催候補地を選出し、2017年は京都(二条城・亀岡)、八王子、熊本にて、松たか子(女優)、中納良恵/EGO-WRAPPIN’(ミュージシャン)、津村禮次郎(能楽師)が参加。さらに、2018年は豊田、高知、秋田にて黒木華(女優)、熊谷和徳(タップダンサー)、チャラン・ポ・ランタン(アーティスト)。そして、2019年はいわき、埼玉、富山、岡山、北海道にて木村カエラ(アーティスト)をはじめ、芸術文化界で活躍する様々な著名人や新たな可能性を持った若き表現者たちが参加し、それぞれの圧倒的なパフォーマンスで63,500人以上の観覧者を魅了しました。

そして、2021年は全国各地のキャラバンを経て、旅の始まりの地である駒沢オリンピック公園に再び集結。 「東京キャラバン」に出会い、そのムーブメントで芽吹いた新しい表現の種が、この地で、一つとなり、今までにない大きなパフォーマンスとなって花開きます。

2020年に向けての「物語」

「必要なのは、今、2020年に向けての『物語』、そして、その『物語』が2020年を越えても続いていけるような、そんな『物語』を作ることではないか?1964年のオリンピックには、これで戦後が終わっていくのだ、日本がいよいよ世界に向かって復帰できるのだ、といった確固たる物語があったように思う。今回の東京オリンピックには、今、日本人を動かすべき、そうした大義名分のような『物語』を積み重ねることで、人々の「気運」を作ることはできる。そして、盛り上がっていった「気運」の中からしか、壮大な物語は生まれないと思う。(中略)そして、この東京キャラバンが日本にばらまいた、目の前にある文化=ライブの面白さ。それを経験した小さな子供たちの心の中に種が撒かれる。インターネットの普及で偏りがちになった文化とは、全く違う姿、目の前で息をしている人間が生み出す文化への興味を示してくれるようになり、その中から、新たな形態の文化を生み出すとき、この「東京キャラバン」という物語は、本当に壮大な物語になるだろう。」

野田秀樹(2015年の「東京キャラバン」構想より)

PAGE TOP