SCROLL

ABOUT

東京キャラバンとは

人と人が交わるところに
「文化」が生まれる。

野田秀樹が提唱する
「人と人が交わるところに『文化』が生まれる。」
というコンセプトに賛同する多種多様なアーティストが出会い、
国境/言語/文化/表現ジャンルを超え
“文化混流”のワークショップを行い、共に創作していく中で、
新たな生き生きとした「文化」が生まれる。
そうして生まれた「文化」を持って、
日本全国をキャラバンして回ることで、
各地においてまた新たな
「文化」が生まれていく…
そんな文化ムーブメントが
「東京キャラバン」です。

  • 2020
  • 代々木 ※延期
  • 2019
  • 北海道 岡山
  • 富山 埼玉 いわき
  • 2018
  • 秋田 高知 豊田
  • 2017
  • 熊本 八王子 京都
  • 2016
  • 六本木 福島 宮城
  • リオデジャネイロ
  • 2015
  • 駒沢オリンピック公園
TOKYO
CARAVAN

NEWS

ニュース

MOVIES

映像

FOOTSTEPS

東京キャラバンの軌跡

北海道パフォーマンス

HOKKAIDO PERFORMANCE

2020.1.11-12

北の歴史が、文化が、
記憶の岸辺で新たな“混流”を
果たした感動の2日間

北海道ワークショップ

HOKKAIDO WORKSHOP

2019.12.21-22

歴史を知る、直に触れる。
人々と出会う。文化が交わる。
「東京キャラバン in 北海道」公開創作ワークショップ

ARTISTS

アーティスト紹介

  • 佳つ菊Katsugiku

    佳つ菊Katsugiku

    祇園甲部の芸妓。
  • 和太鼓「Atoa.」Wadaiko「Atoa.」

    和太鼓「Atoa.」Wadaiko「Atoa.」

    高橋勅雄、高橋亮。2011年3.11東日本大震災を受け、世界中で活動をしていた「鼓童」を離れ、高橋兄弟は、地元仙台へ戻り「Atoa.」を結成。新メンバーに阿部裕哉・木村直広を迎え、全国各地で和太鼓の演奏を日々届けている。2011年には、重要無形文化財保持者(人間国宝)の能楽師 津村禮次郎氏との共演を果たし、2016年には、 演出家 野田秀樹氏の元、六本木ヒルズアリーナにて公演、また東京スカパラダイスオーケストラとのコラボレーション公演を果たすなど、結成6年目を迎え、更なる活躍を期待されている。
  • ふたりっこプロデュースFutarikko Produce

    ふたりっこプロデュースFutarikko Produce

    2003年高知県で高校生だった岡村美里と浜田あゆみによって「劇団ふたりっこ」として活動を開始。2011年より、「ふたりっこプロデュース」と改名し、プロデュースユニットとして浜田が企画制作と俳優としての活動を行っている。2015年からは拠点を高知に戻し、浜田の実家が古くから和紙に携わっていることから、舞台芸術を使っての和紙の魅力を再発見すること、また、地域における舞台芸術の可能性を広げていくことを目標に活動している。
  • 豊田市棒の手保存会The Associations for the Conservation of Bonote in Toyota City

    豊田市棒の手保存会The Associations for the Conservation of Bonote in Toyota City

    およそ460年前に織田信長はいち早く足軽への戦闘訓練を命じ、足軽が度重なる戦の中で自分の身を守るために武術を身に付けたのが、棒の手の始まり。地域からも伝統民俗芸能の伝承と青少年の育成の場として認識されている。大阪万博、愛知県民俗芸能祭、姫路城榊原康政サミット、ハンガリー・スロバキア遠征、ジャパンカルチュラル・デイズinデトロイトなど、多数の演技依頼を受けて棒の手を披露し、評価を得る。
  • コンドウ ダイスケDaisuke Kondo

    コンドウ ダイスケDaisuke Kondo

    1983年、北秋田市生まれ・在住。Photo Office-K代表。
    舞台制作の道から舞台写真に憧れ写真の道へ。数年のスタジオ勤務を経て独立。 秋田県の大型観光キャンペーン「さく、さく、あきた」シリーズをはじめとして、秋田県内や東北各地の企業・自治体のプロモーションに関わる写真や映像を手がける。
    一方で伝統産業に関わる人々の撮影と、舞台写真撮影をライフワークとしている。
    http://kondoudaisuke.net/
  • 福原 充則Mitsunori Fukuhara

    福原 充則Mitsunori Fukuhara

    (脚本家・演出家)1975年生まれ、神奈川県出身。2002年、劇団「ピチチ5(クインテット)」を旗揚げ、主宰と脚本・演出を務める。以降、舞台や映像の垣根を越え、幅広く活躍。ベッド&メイキングス公演『あたらしいエクスプロージョン』で第62回岸田國士戯曲賞を受賞。また、同劇団にて上演の『墓場、女子高生』は、高校演劇界からの上演希望が後を絶たない。主な舞台作品に『サボテンとバントライン』(脚本・演出)『どどめ雪』(脚本)、『俺節』(脚本・演出)等。映画「愛を語れば変態ですか」では監督デビューを果たし、手掛けた映像作品は、「占い師天尽」(脚本)、「血まみれスケバンチェーンソー」(脚本)、「視覚探偵 日暮旅人」(脚本)、「ヒーローを作った男 石ノ森章太郎物語」(脚本)など多数。最新作は、舞台『忘れてもらえないの歌』(脚本・演出)。
PAGE TOP