SCROLL

ABOUT

東京キャラバンとは

人と人が交わるところに
「文化」が生まれる。

野田秀樹が提唱する
「人と人が交わるところに『文化』が生まれる。」
というコンセプトに賛同する多種多様なアーティストが出会い、
国境/言語/文化/表現ジャンルを超え
“文化混流”のワークショップを行い、共に創作していく中で、
新たな生き生きとした「文化」が生まれる。
そうして生まれた「文化」を持って、
日本全国をキャラバンして回ることで、
各地においてまた新たな
「文化」が生まれていく…
そんな文化ムーブメントが
「東京キャラバン」です。

  • 2020
  • 代々木 ※延期
  • 2019
  • 北海道 岡山
  • 富山 埼玉 いわき
  • 2018
  • 秋田 高知 豊田
  • 2017
  • 熊本 八王子 京都
  • 2016
  • 六本木 福島 宮城
  • リオデジャネイロ
  • 2015
  • 駒沢オリンピック公園
TOKYO
CARAVAN

NEWS

ニュース

MOVIES

映像

FOOTSTEPS

東京キャラバンの軌跡

北海道パフォーマンス

HOKKAIDO PERFORMANCE

2020.1.11-12

北の歴史が、文化が、
記憶の岸辺で新たな“混流”を
果たした感動の2日間

北海道ワークショップ

HOKKAIDO WORKSHOP

2019.12.21-22

歴史を知る、直に触れる。
人々と出会う。文化が交わる。
「東京キャラバン in 北海道」公開創作ワークショップ

ARTISTS

アーティスト紹介

  • 野田 秀樹Hideki Noda

    野田 秀樹Hideki Noda

    1955年長崎県生まれ。劇作家・演出家・役者。東京芸術劇場芸術監督。多摩美術大学教授。
    東京大学在学中に「劇団 夢の遊眠社」を結成。92年劇団解散後、ロンドンへ留学。帰国後「NODA・MAP」を設立し、『キル』『オイル』『THE BEE』『エッグ』『足跡姫〜時代錯誤冬幽霊〜』『贋作 桜の森の満開の下』歌舞伎『野田版 桜の森の満開の下』『One green bottle』など、話題作を次々と発表。海外での創作活動や、歌舞伎、オペラも手掛け、国内外で高い評価を得る。
    2015年より『東京キャラバン』の総監修を務め、「人と人が交わるところに文化が生まれる」をコンセプトにした文化サーカスを日本各地で展開。コンセプトに賛同する多種多様な表現者らと、文化「混流」による独自のパフォーマンスを創作、発表し多くの観客を魅了した。2019年10月より、NODA・MAP新作『Q:A Night At The Kabuki』を上演。表現のジャンル、国境を越え、精力的に創作活動を行っている。
  • 山鹿灯籠踊り保存会 Yamaga Tourou Dance

    山鹿灯籠踊り保存会 Yamaga Tourou Dance

    和紙と糊だけで作られ、室町時代から伝わる伝統工芸品「山鹿灯籠」を頭に掲げ灯をともし、優雅で美しい踊りを披露する「山鹿灯籠踊り」は、九州・熊本県を代表する郷土芸能として 広く知られている。設立は昭和32年、現在約40名の会員で活動、踊り手と地方で構成されており、技術の向上と後継者育成に日々努めている。国内外合わせて年間約200回の公演を数え、山鹿市のPR活動に励んでいる。
  • 井手 茂太Shigehiro Ide

    井手 茂太Shigehiro Ide

    1991 年にダンスカンパニー「イデビアン・クルー」を結成。既存のダンススタイルにとらわれない自由な発想で、日常の身振りや踊り手の個性を活かしたオリジナリティ溢れる作品を発表し、国内をはじめ、ドイツ、フランス、イギリスなどの23 都市、のべ34 箇所で作品を上演。また演劇作品へのステージングや振付、CM・ミュージックビデオの振付や出演など、幅広いジャンルでも活動する。

    www.idevian.com
  • スパリゾートハワイアンズダンシングチーム(通称:フラガール)Spa Resort Hawaiians, Dancing Team (Hula Girl)

    スパリゾートハワイアンズダンシングチーム(通称:フラガール)Spa Resort Hawaiians, Dancing Team (Hula Girl)

    2006年公開の映画『フラガール』のモデルになったことでも知られるフラダンスチーム。 東日本大震災後は、福島県や東北地方全体の観光復興の為、全国キャラバンを実施。“復興のシンボル”と称され、2011年に第3回観光庁長官表彰を受賞。
  • ぽん宇都 良太郎RYOTARO "POM" UTO

    ぽん宇都 良太郎RYOTARO "POM" UTO

    (ベース)鹿児島県出身。旧九州芸術工科大学にてジャズサークルに所属し、コントラバスを弾き始める。「世界のCMフェスティバル」の専属チンドンバンドにて各地を練り歩く。ラテン音楽に魅了されキューバへ留学。帰国後ラテンバンド「コロリダス」に参加し、日々ベースと遊んでいる。
  • 熊谷 和徳Kazunori Kumagai

    熊谷 和徳Kazunori Kumagai

    1977年仙台市生まれ。15歳でタップを始め19歳で渡米。帰国後、国内外でタップダンサーとしての活動を広げ、ソロ公演では青山円形劇場・シアターコクーン・国際フォーラムを即日SOLD OUTにするタップダンサーとしては異例の動員数をもつ。2012年文化庁の助成を受け再びNYへ。2014年Bunkamuraオーチャードホールで2回の公演を行う。“National Tap Dance Day”で日本人初となる2014 Flo-Bert Life Achievement賞受賞。2016年ニューヨークのあらゆるジャンルのダンスの最高峰の賞といわれる通称“BESSIE AWARD”で“OUTSTANDING PERFORMER”(最優秀パフォーマー)を受賞。東京に自身のスタジオKAZ TAP STUDIOを持ち、地元仙台においては仙台市市民文化事業団と共に後進の育成のためのプロジェクトTAP the FUTUREを行い、タップの楽しさと文化を広めるため日本全国でのワークショップも勢力的に行う。
    熊谷独自の唯一無二のアートは日々進化し、新たなタップダンスの未来を創造している。
PAGE TOP