SCROLL

ABOUT

東京キャラバンとは

人と人が交わるところに
「文化」が生まれる。

野田秀樹が提唱する
「人と人が交わるところに『文化』が生まれる。」
というコンセプトに賛同する多種多様なアーティストが出会い、
国境/言語/文化/表現ジャンルを超え
“文化混流”のワークショップを行い、共に創作していく中で、
新たな生き生きとした「文化」が生まれる。
そうして生まれた「文化」を持って、
日本全国をキャラバンして回ることで、
各地においてまた新たな
「文化」が生まれていく…
そんな文化ムーブメントが
「東京キャラバン」です。

  • 2020
  • 代々木 ※延期
  • 2019
  • 北海道 岡山
  • 富山 埼玉 いわき
  • 2018
  • 秋田 高知 豊田
  • 2017
  • 熊本 八王子 京都
  • 2016
  • 六本木 福島 宮城
  • リオデジャネイロ
  • 2015
  • 駒沢オリンピック公園
TOKYO
CARAVAN

NEWS

ニュース

MOVIES

映像

FOOTSTEPS

東京キャラバンの軌跡

北海道パフォーマンス

HOKKAIDO PERFORMANCE

2020.1.11-12

北の歴史が、文化が、
記憶の岸辺で新たな“混流”を
果たした感動の2日間

北海道ワークショップ

HOKKAIDO WORKSHOP

2019.12.21-22

歴史を知る、直に触れる。
人々と出会う。文化が交わる。
「東京キャラバン in 北海道」公開創作ワークショップ

ARTISTS

アーティスト紹介

  • 勝井 粧子Shoko Katsui

    勝井 粧子Shoko Katsui

    箏曲家。当道友楽会三代目家元菊武厚詞の長女。6歳より箏を、10歳より三味線を始める。東京藝術大学音楽学部邦楽科箏曲生田流専攻卒業。在学中、常英賞受賞。2015年坂東玉三郎主演・演出「アマテラス」に出演。2015年「大阪平成中村座」2017年「壽初春大歌舞伎」「花形歌舞伎」歌舞伎の黒御簾にて演奏。現在、当道友楽会、邦楽あんさんぶるグループふぁるべ、森の会、みやこ風韻に所属する。

    http://piyoriko.wixsite.com/petit-macaroon
  • 山鹿灯籠踊り保存会 Yamaga Tourou Dance

    山鹿灯籠踊り保存会 Yamaga Tourou Dance

    和紙と糊だけで作られ、室町時代から伝わる伝統工芸品「山鹿灯籠」を頭に掲げ灯をともし、優雅で美しい踊りを披露する「山鹿灯籠踊り」は、九州・熊本県を代表する郷土芸能として 広く知られている。設立は昭和32年、現在約40名の会員で活動、踊り手と地方で構成されており、技術の向上と後継者育成に日々努めている。国内外合わせて年間約200回の公演を数え、山鹿市のPR活動に励んでいる。
  • 湯村輝彦(a.k.a.Terry Johnson)Teruhiko Yumura

    湯村輝彦(a.k.a.Terry Johnson)Teruhiko Yumura

    東京都生まれ。多摩美術大学卒業。フラミンゴ・スタジオ主宰。元祖ヘタうまイラストレーター。一見、誰でも描けそうだが、実は誰にも描けない独自のヘタうま絵を駆使して70年代から活躍。海外にもファンは多く、2014年秋、フランスで開催され話題を呼んだ「HETA-UMA展」では宣伝メインビジュアルを担当した。著書の『決定版ヘタうま大全集』(ブルース・インターアクションズ)はヘタうま絵を知る上での貴重な一冊になっている。
  • 宮沢りえRie Miyazawa

    宮沢りえRie Miyazawa

    1973年、東京都生まれ。88 年に『ぼくらの七日間戦争』で映画初主演。女優として幅広く活躍し、01年『華の愛 遊園驚夢』でモスクワ国際映画祭最優秀女優賞受賞。14年『紙の月』16年『湯を沸かすほどの熱い愛』では日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を始め幾多の賞に輝く。近年の主な出演作品に、舞台『近松心中物語』『ワーニャ伯父さん』『クヒオ大佐の妻』『ビニールの城』、テレビドラマ『漱石悶々』『グーグーだって猫である』などがある。
    野田作品へは『透明人間の蒸気』(読売演劇大賞最優秀女優賞受賞)『ロープ』(紀伊國屋演劇賞個人賞受賞)『パイパー』『ザ・キャラクター』『THE BEE Japanese Version』『MIWA』(菊田一夫演劇賞受賞)『足跡姫〜時代錯誤冬幽霊~』(読売演劇大賞最優秀女優賞)に出演。

    https://facebook.com/Rie-Miyazawa-Official-790723107642092/
  • OTAMIRAMSOTAMIRAMS

    OTAMIRAMSOTAMIRAMS

    白玖ヨしひろと平岡佐知⌘Bからなる、クリエイティブ・チーム。
    主に映像/グラフィック・デザイン/イラストレーションを主軸に、デザイン制作を担う。
    映像では、短編アニメーション作品が「ロッテルダム国際映画祭 2010」、「香港国際映画祭 2010」などの国際映画祭にて招待上映を果たす。 また、平井 堅 『ON AIR』、水曜日のカンパネラ 『桃太郎』などの公式ミュージック・ビデオなどを手掛ける。 2017年には、『映像作家 100人』に選出される。
    そして、グラフィック・デザインでは、水曜日のカンパネラのCDジャケット/ツアー・グッズなどのアート・ワーク/グラフィック・デザインなども数多く手掛ける。
    その他には、2017年より『OTAMIRAMSのクリエイターに効く映画学』という映画紹介のコラム連載を執筆する。
  • 男鹿のなまはげOga no Namahage

    男鹿のなまはげOga no Namahage

    「ナマハゲ行事」は、大晦日の晩に秋田県男鹿半島の各集落で行われる伝統行事。ワラで編んだ衣装に独特の面をかぶった集落の青年が神の化身となって家々を回り、年の節目に人々に祝福を与えるという来訪神行事であり、江戸時代後期には既にその記録が残っている。
    「男鹿のナマハゲ」として国の重要無形民俗文化財に指定され、2018年11月には、ユネスコの無形文化遺産に登録された。
    ナマハゲ行事に和太鼓を取り入れて創作された「男鹿なまはげ太鼓」は地元男鹿半島のほか国内外で活動している。
PAGE TOP