SCROLL

ABOUT

東京キャラバンとは

人と人が交わるところに
「文化」が生まれる。

野田秀樹が提唱する
「人と人が交わるところに『文化』が生まれる。」
というコンセプトに賛同する多種多様なアーティストが出会い、
国境/言語/文化/表現ジャンルを超え
“文化混流”のワークショップを行い、共に創作していく中で、
新たな生き生きとした「文化」が生まれる。
そうして生まれた「文化」を持って、
日本全国をキャラバンして回ることで、
各地においてまた新たな
「文化」が生まれていく…
そんな文化ムーブメントが
「東京キャラバン」です。

  • 2020
  • 代々木 ※延期
  • 2019
  • 北海道 岡山
  • 富山 埼玉 いわき
  • 2018
  • 秋田 高知 豊田
  • 2017
  • 熊本 八王子 京都
  • 2016
  • 六本木 福島 宮城
  • リオデジャネイロ
  • 2015
  • 駒沢オリンピック公園
TOKYO
CARAVAN

NEWS

ニュース

MOVIES

映像

FOOTSTEPS

東京キャラバンの軌跡

北海道パフォーマンス

HOKKAIDO PERFORMANCE

2020.1.11-12

北の歴史が、文化が、
記憶の岸辺で新たな“混流”を
果たした感動の2日間

北海道ワークショップ

HOKKAIDO WORKSHOP

2019.12.21-22

歴史を知る、直に触れる。
人々と出会う。文化が交わる。
「東京キャラバン in 北海道」公開創作ワークショップ

ARTISTS

アーティスト紹介

  • マダム・レジーヌMadam Regine

    マダム・レジーヌMadam Regine

    ドラァグクイーン
  • 山森 大輔Daisuke Yamamori

    山森 大輔Daisuke Yamamori

    俳優。文学座所属。1980年生まれの松坂世代。東京都出身。
    大学を休学し、バックパッカーとしてアジア・ヨーロッパを放浪したのち文学座に所属する。
    主な出演作に、文学座『青べか物語』、ミナモザ『彼らの敵』、FUKAIPRODUCE羽衣『愛死に』(再演)、シス・カンパニー『かもめ』、KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『オイディプスREXXX』、木ノ下歌舞伎『糸井版摂州合邦辻』など。
    好きな国はインド、タイ。行きたい国はスリランカ。
  • From リオデジャネイロFrom Rio de Janeiro

    From リオデジャネイロFrom Rio de Janeiro

    Otto Nascarella(ミュージシャン・JONGOパーカッショニスト)、Cridemar Aquino(JONGOダンサー)、Suellen Tavares Onixegum(JONGOダンサー)、Mestre Garrinch(カポエイラパフォーマー)、Paula Hiroe(女優)、Tiago Nassif (ミュージシャン) ほか
  • 絵どうろうEdoro

    絵どうろうEdoro

    秋田県湯沢市の「七夕絵どうろうまつり」は、秋田藩佐竹南家七代目義安公に、京都の公卿鷹司家から「おこし入れ」された姫君が、京都への郷愁やるかたなき想いを五色の短冊に託し、青竹に飾りつけたのが始まりといわれている。
    毎年8月5、6、7日の期間中、家々では青竹に五色の短冊や吹流し等をつり下げて門前に飾るほか、浮世絵美人が描かれた大・小数百個の絵どうろうが通りに下げられる。
    日暮れ時には、これらの絵どうろうに一斉に灯がともされ、湯沢市内一円が一大不夜城と化す。その色彩と優雅さは、全国にも例のないお祭り。
  • 名和 晃平Nawa Kohei

    名和 晃平Nawa Kohei

    1975年生まれ。京都を拠点に活動。2009年、京都に創作のためのプラットフォーム「SANDWICH」を立ち上げる。独自の「PixCell」という概念を軸に、ビーズ、発泡ポリウレタン、シリコーンオイルなど様々な素材とテクノロジーを駆使し、彫刻の新たな可能性を拡げている。近年は建築や、舞台のプロジェクトにも取り組み、空間とアートを同時に生み出している。2015年度東京キャラバンを監修。
  • 八王子にぎやかし隊Hachioji Cheering Band

    八王子にぎやかし隊Hachioji Cheering Band

    2017年「東京キャラバン in 八王子」を近藤良平とともに盛り上げるために結成されたパフォーマンスチーム。メンバー:安部萌、岩坪成美、小澤閲子、香取直登、河合祥子、ぎたろー、五月女侑希、進士由香、中井沙織、福島梓、宮内愛、安田有吾、山下真由美
PAGE TOP