SCROLL

ABOUT

東京キャラバンとは

人と人が交わるところに
「文化」が生まれる。

野田秀樹が提唱する
「人と人が交わるところに『文化』が生まれる。」
というコンセプトに賛同する多種多様なアーティストが出会い、
国境/言語/文化/表現ジャンルを超え
“文化混流”のワークショップを行い、共に創作していく中で、
新たな生き生きとした「文化」が生まれる。
そうして生まれた「文化」を持って、
日本全国をキャラバンして回ることで、
各地においてまた新たな
「文化」が生まれていく…
そんな文化ムーブメントが
「東京キャラバン」です。

  • 2020
  • 代々木 ※延期
  • 2019
  • 北海道 岡山
  • 富山 埼玉 いわき
  • 2018
  • 秋田 高知 豊田
  • 2017
  • 熊本 八王子 京都
  • 2016
  • 六本木 福島 宮城
  • リオデジャネイロ
  • 2015
  • 駒沢オリンピック公園
TOKYO
CARAVAN

NEWS

ニュース

MOVIES

映像

FOOTSTEPS

東京キャラバンの軌跡

北海道パフォーマンス

HOKKAIDO PERFORMANCE

2020.1.11-12

北の歴史が、文化が、
記憶の岸辺で新たな“混流”を
果たした感動の2日間

北海道ワークショップ

HOKKAIDO WORKSHOP

2019.12.21-22

歴史を知る、直に触れる。
人々と出会う。文化が交わる。
「東京キャラバン in 北海道」公開創作ワークショップ

ARTISTS

アーティスト紹介

  • レイチェル ダ・ムールRachel D'Amour

    レイチェル ダ・ムールRachel D'Amour

    ドラァグクイーン
  • 東京キャラバン~プロローグ~ ストリングスチームStrings Team, Tokyo Caravan -Prologue-

    東京キャラバン~プロローグ~ ストリングスチームStrings Team, Tokyo Caravan -Prologue-

    2015年「東京キャラバン ~プロローグ~」のために結成された弦楽アンサンブル。メンバー:原田真帆(ヴァイオリン)、阪永珠水(ヴァイオリン)、日吉麻優子(ヴァイオリン)、宮崎美里(ヴァイオリン)伊藤衣里(ヴァイオリン)、立石さくら(ヴィオラ)、下斗米恒介(チェロ)、地代所悠(コントラバス)
  • 原 摩利彦Marihiko Hara

    原 摩利彦Marihiko Hara

    音楽家。京都大学教育学部卒業、同大学院教育学研究科修士課程中退。質感 / 静謐を軸に様々な形態の作品を制作する。アルバム《Flora》(night cruising, 2013)、室内楽曲《Night-filled Mountains》(京都芸術センター , 2014)、サウンドインスタレーション《Copyright #1 : Showcase》(芦屋市立美術博物館 , 2016)を発表。坂本龍一氏との即興セッション(NHK-FM, 2014)も行う。ダムタイプ高谷史郎プロジェクト・メンバーとして《ST/LL》(音楽:坂本龍一との共同制作)、《CHROMA》に参加。ダムタイプとしてインスタレーション作品《MEMORANDUM OR VOYAGE》、《Trace/React》(東京都現代美術館,2014)を発表。また、ダミアン・ジャレ + 名和晃平《Vessel》、野田秀樹《東京キャラバン》、寒川裕人《sansui》など、舞台や映像作品の音楽も担当。

    www.marihikohara.com
  • 代田 正彦Masahiko Shirota

    代田 正彦Masahiko Shirota

    (俳優)★☆北区AKT STAGE/レトル所属。主な活動に、1997年★☆北区つかこうへい劇団入団、以後多くのつかこうへい演出作品に出演。2000年★☆北区つかこうへい劇団『二等兵物語』、03年RUPプロデュース『つかこうへいダブルス飛龍伝』。12年★☆北区AKT STAGE入団、以後多くの作品に出演。12年★☆北区AKT STAGE『広島に原爆を落とす日』、13年FUKAIPRODUCE羽衣『サロメVSヨカナーン』、14年FUKAIPRODUCE羽衣『女装、男装、冬支度』、15年青年団『冒険王』、16年こまばアゴラ演劇学校・無隣館『北限の猿』。
  • ジャック・リー・ランダルJack Lee Randall

    ジャック・リー・ランダルJack Lee Randall

    アメリカ・ジョージア州アトランタ出身。1995年より人形劇団 “The Center for Puppetry Arts” で活躍。1999年に日米合作人形芝居「怪談―Kwaidan」で初めて来日し、日本でのさらなる活躍を熱望。その後2003年再来日。富山県を拠点とし、各地で人形と影絵のパフォーマンスを上演している。
  • 上三坂やっちき踊り保存会Kamimisaka Yacchiki Odori Hozonkai

    上三坂やっちき踊り保存会Kamimisaka Yacchiki Odori Hozonkai

    現在、踊りの原型を残しながら、後世に文化を繋いでいる市内唯一の団体。左右それぞれの手足を同時に上げ、早いテンポでダイナミックに飛び跳ねる踊りであり、もとは求愛のために男女が向かい合って歌い踊る歌垣の踊りであった。県指定重要無形民俗文化財。
PAGE TOP