SCROLL

ABOUT

東京キャラバンとは

人と人が交わるところに
「文化」が生まれる。

野田秀樹が提唱する
「人と人が交わるところに『文化』が生まれる。」
というコンセプトに賛同する多種多様なアーティストが出会い、
国境/言語/文化/表現ジャンルを超え
“文化混流”のワークショップを行い、共に創作していく中で、
新たな生き生きとした「文化」が生まれる。
そうして生まれた「文化」を持って、
日本全国をキャラバンして回ることで、
各地においてまた新たな
「文化」が生まれていく…
そんな文化ムーブメントが
「東京キャラバン」です。

  • 2020
  • 代々木 ※延期
  • 2019
  • 北海道 岡山
  • 富山 埼玉 いわき
  • 2018
  • 秋田 高知 豊田
  • 2017
  • 熊本 八王子 京都
  • 2016
  • 六本木 福島 宮城
  • リオデジャネイロ
  • 2015
  • 駒沢オリンピック公園
TOKYO
CARAVAN

NEWS

ニュース

MOVIES

映像

FOOTSTEPS

東京キャラバンの軌跡

北海道パフォーマンス

HOKKAIDO PERFORMANCE

2020.1.11-12

北の歴史が、文化が、
記憶の岸辺で新たな“混流”を
果たした感動の2日間

北海道ワークショップ

HOKKAIDO WORKSHOP

2019.12.21-22

歴史を知る、直に触れる。
人々と出会う。文化が交わる。
「東京キャラバン in 北海道」公開創作ワークショップ

ARTISTS

アーティスト紹介

  • 祇園祭鷹山保存会 囃子方Gion Festival Takayama Hozonkai

    祇園祭鷹山保存会 囃子方Gion Festival Takayama Hozonkai

    コンチキチンと奏でられる祇園囃子は、室町時代末期に能楽の影響のもとに成立したといわれ、太鼓、笛、鉦の三つで構成される。ユネスコ無形文化遺産京都祇園祭の鷹山を保存、維持継承している鷹山保存会の囃子方は、祇園祭の行事の他、様々な行事で演奏し、山鉾巡行に参加しない「休み山」からの復興をめざしている。
  • 大石 将弘Masahiro Oishi

    大石 将弘Masahiro Oishi

    (俳優)奈良県出身。2010年より「ままごと」所属。2014年より「ナイロン100℃」にも所属。現代演劇の 気鋭の演出家の作品に多数出演。主な出演作に、ままごと『朝がある』、マームとジプシー『Kと 真夜中のほとりで』、範宙遊泳『うまれてないからまだしねない』、木ノ下歌舞伎『義経千本桜-渡海屋・大物浦-』、ロロ『いつ高シリーズ』、KUNIO『夏の夜の夢』、ナイロン100℃『睾丸』など。 また、劇場の外で展開する演劇プロジェクトにも多く携わる。これまで、商店街や公園、島の道端、銭湯、美術館など、様々な場所から立ち上げる演劇創作を行っている。また、学校や劇場における演劇ワークショップの企画進行も継続的に行っている。
  • ひびの こづえKodue Hibino

    ひびの こづえKodue Hibino

    静岡県生まれ。東京芸術大学美術学部デザイン科卒業。コスチューム・アーティストとして広告、演劇、ダンス、バレエ、映画、テレビなどその発表の場は、多岐にわたる。NHK Eテレ「にほんごであそぼ」のセット衣装を担当中。中村勘三郎さん主演の歌舞伎「コクーン歌舞伎・三人吉三」「野田版 研ぎ辰の討たれ」、現代劇の野田秀樹作・演出の「足跡姫」、など多数の舞台衣装を担当。「ちいさな生きもの研究所」ワークショップを毎月開催。

    www.haction.co.jp/kodue/
  • 西田 夏奈子Kanako Nishida

    西田 夏奈子Kanako Nishida

    1974年、神奈川県生まれ。女優 / 歌い手 / バイオリン弾き。1999年より現在まで、フリーの俳優として舞台への出演多数。映画出演は杉田協士監督『ひかりの歌』(2018年)。小説の朗読ライブやバイオリンの即興演奏、詩人やダンサーとの創作、また《エビ子・ヌーベルバーグ》の別名で、ミュージシャンのサポートやお邪魔をすることも。老人ホームでの介護予防運動インストラクターや、多摩美術大学演劇舞踊デザイン学科非常勤講師なども務める。出没が多岐に渡りすぎてまとめられないまま今に至る。近年の出演作は、庭劇団ペニノ『蛸入道 忘却の儀』、木ノ下歌舞伎『糸井版 摂州合邦辻』、KJプランニングス『ザ・モニュメント 記念碑』、サインアートプロジェクト.アジアン『残夏-1945-』、NODA・MAP『足跡姫』。
  • ジャック・リー・ランダルJack Lee Randall

    ジャック・リー・ランダルJack Lee Randall

    アメリカ・ジョージア州アトランタ出身。1995年より人形劇団 “The Center for Puppetry Arts” で活躍。1999年に日米合作人形芝居「怪談―Kwaidan」で初めて来日し、日本でのさらなる活躍を熱望。その後2003年再来日。富山県を拠点とし、各地で人形と影絵のパフォーマンスを上演している。
  • 石川 朝日Asahi Ishikawa

    石川 朝日Asahi Ishikawa

    (俳優)1995年生まれ。多摩美術大学演劇舞踊デザイン学科に一期生として入学。2年間にわたり、演劇と舞踏を学ぶ。その後自身のクリエーションの場としてgentenを設立。旗揚げ公演『赤鬼』(野田秀樹作)で東京、石巻で公演をする。その後多摩美術大学を中退し、渡仏。パリのJacques Lecoq国際演劇学校に入学。世界各国から集まった人たちと2年間にわたる学業を2019年6月に終える。その後日本に帰国し、現在は、自身がパリで学んだことがどう日本人の身体につながるのかを模索中。
PAGE TOP