SCROLL

ABOUT

東京キャラバンとは

人と人が交わるところに
「文化」が生まれる。

野田秀樹が提唱する
「人と人が交わるところに『文化』が生まれる。」
というコンセプトに賛同する多種多様なアーティストが出会い、
国境/言語/文化/表現ジャンルを超え
“文化混流”のワークショップを行い、共に創作していく中で、
新たな生き生きとした「文化」が生まれる。
そうして生まれた「文化」を持って、
日本全国をキャラバンして回ることで、
各地においてまた新たな
「文化」が生まれていく…
そんな文化ムーブメントが
「東京キャラバン」です。

  • 2020
  • 代々木 ※延期
  • 2019
  • 北海道 岡山
  • 富山 埼玉 いわき
  • 2018
  • 秋田 高知 豊田
  • 2017
  • 熊本 八王子 京都
  • 2016
  • 六本木 福島 宮城
  • リオデジャネイロ
  • 2015
  • 駒沢オリンピック公園
TOKYO
CARAVAN

NEWS

ニュース

MOVIES

映像

FOOTSTEPS

東京キャラバンの軌跡

北海道パフォーマンス

HOKKAIDO PERFORMANCE

2020.1.11-12

北の歴史が、文化が、
記憶の岸辺で新たな“混流”を
果たした感動の2日間

北海道ワークショップ

HOKKAIDO WORKSHOP

2019.12.21-22

歴史を知る、直に触れる。
人々と出会う。文化が交わる。
「東京キャラバン in 北海道」公開創作ワークショップ

ARTISTS

アーティスト紹介

  • “東京キャラバン”アンサンブルTokyo Caravan Ensemble

    “東京キャラバン”アンサンブルTokyo Caravan Ensemble

    2015年「東京キャラバン〜プロローグ〜」を機に、野田秀樹の創作活動を支えるパフォーマー達によって結成された演劇アンサンブル。野田秀樹が「東京キャラバン」に書き下ろした「物語」を演劇的に表現し、2015年、駒沢『旅立つ前夜〜1940年の子供たち〜』、2016年、リオ・デ・ジャネイロ、仙台、相馬、六本木での『地球の反対側から来たお話』、2017年、京都『夏の魂の中で』、2019年、秋田『禁断の恋』などのパフォーマンスに参加し、観客を「東京キャラバン」の世界へと誘う。
    2015-2019年メンバー:秋草瑠衣子、秋山遊楽、石川詩織、大石貴也、織田圭祐、上村聡、川原田樹、菊沢将憲、黒瀧保士、近藤彩香、佐々木富貴子、指出瑞貴、下司尚実、白倉裕二、末冨真由、手代木花野、長尾純子、永田恵実、夏子、野上絹代、野口卓磨、福島彩子、的場祐太、光瀬指絵、柳生拓哉、吉田朋弘
  • 上三坂やっちき踊り保存会Kamimisaka Yacchiki Odori Hozonkai

    上三坂やっちき踊り保存会Kamimisaka Yacchiki Odori Hozonkai

    現在、踊りの原型を残しながら、後世に文化を繋いでいる市内唯一の団体。左右それぞれの手足を同時に上げ、早いテンポでダイナミックに飛び跳ねる踊りであり、もとは求愛のために男女が向かい合って歌い踊る歌垣の踊りであった。県指定重要無形民俗文化財。
  • いわき絵のぼりIwaki-enobori

    いわき絵のぼりIwaki-enobori

    端午の節句に飾られるもので、家紋の下に子供の立身出世や厄除けを願い、鯉の滝登りや鍾馗、戦国時代の英雄といった武者絵が描かれることが多い。手書き顔料染め、浮世絵的色彩が特徴で、江戸文化が地方に残存した希少例と再評価されつつある。
    大和絵の有識者である松原佐久が下絵の指導をしたため、後にいわき絵のぼりを見た明治の武者絵の大家である小堀鞆音は、故実に即し、図柄が立派なことに驚いたという。
    いわき市指定無形文化財。
  • 宮田 教一Kyoichi Miyata

    宮田 教一Kyoichi Miyata

    1988年高知県生まれ、奈良県天理市にある天理高校、天理大学雅楽部卒。 10歳より龍笛、筝、琵琶を学び、現在は「繁藤雅陽会(しげとうがようかい)」に所属。主な活動は、高知県を中心に、冠婚葬祭での奏楽、全国の小中学校にて音楽の授業の特別講師、県内にて雅楽講座を開講中。また、過去にはハワイ公演など、国内のみならず、海外公演も行っている。
  • 湯村輝彦(a.k.a.Terry Johnson)Teruhiko Yumura

    湯村輝彦(a.k.a.Terry Johnson)Teruhiko Yumura

    東京都生まれ。多摩美術大学卒業。フラミンゴ・スタジオ主宰。元祖ヘタうまイラストレーター。一見、誰でも描けそうだが、実は誰にも描けない独自のヘタうま絵を駆使して70年代から活躍。海外にもファンは多く、2014年秋、フランスで開催され話題を呼んだ「HETA-UMA展」では宣伝メインビジュアルを担当した。著書の『決定版ヘタうま大全集』(ブルース・インターアクションズ)はヘタうま絵を知る上での貴重な一冊になっている。
  • 松 たか子Takako Matsu

    松 たか子Takako Matsu

    (女優)1993年歌舞伎座『人情噺文七結』で初舞台を踏んで以降、舞台・ドラマ・映画・歌手活動とさまざまなフィールドで活躍を続けている。舞台では第38回紀伊国屋演劇賞・個人賞、第15回読売演劇大賞・最優秀女優賞などを受賞。近年の出演作に、舞台『もっと泣いてよフラッパー』、『かがみのかなたはたなかのなかに』、『メトロポリス』、野田秀樹の作品『オイル』、『贋作・罪と罰』、『逆鱗』など出演多数。ドラマ『カルテット』、映画『ヴィヨンの妻~桃桜とたんぽぽ~』、『告白』、『夢売るふたり』、『小さいおうち』、『アナと雪の女王』(日本語吹替版)、『HERO』など多数。
PAGE TOP