SCROLL

ABOUT

東京キャラバンとは

人と人が交わるところに
「文化」が生まれる。

野田秀樹が提唱する
「人と人が交わるところに『文化』が生まれる。」
というコンセプトに賛同する多種多様なアーティストが出会い、
国境/言語/文化/表現ジャンルを超え
“文化混流”のワークショップを行い、共に創作していく中で、
新たな生き生きとした「文化」が生まれる。
そうして生まれた「文化」を持って、
日本全国をキャラバンして回ることで、
各地においてまた新たな
「文化」が生まれていく…
そんな文化ムーブメントが
「東京キャラバン」です。

  • 2020
  • 代々木 ※延期
  • 2019
  • 北海道 岡山
  • 富山 埼玉 いわき
  • 2018
  • 秋田 高知 豊田
  • 2017
  • 熊本 八王子 京都
  • 2016
  • 六本木 福島 宮城
  • リオデジャネイロ
  • 2015
  • 駒沢オリンピック公園
TOKYO
CARAVAN

NEWS

ニュース

MOVIES

映像

FOOTSTEPS

東京キャラバンの軌跡

北海道パフォーマンス

HOKKAIDO PERFORMANCE

2020.1.11-12

北の歴史が、文化が、
記憶の岸辺で新たな“混流”を
果たした感動の2日間

北海道ワークショップ

HOKKAIDO WORKSHOP

2019.12.21-22

歴史を知る、直に触れる。
人々と出会う。文化が交わる。
「東京キャラバン in 北海道」公開創作ワークショップ

ARTISTS

アーティスト紹介

  • 日比野 克彦Hibino Katsuhiko

    日比野 克彦Hibino Katsuhiko

    1958年 岐阜市生まれ。アーティスト、東京藝術大学美術学部先端芸術表現科教授。 1984年 東京藝術大学大学院卒業。'80年代ダンボールを使った作品で注目され、'82年に第3回日本グラフィック展大賞受賞。'83年第30回ADC賞最高賞受賞。'86年シドニー・ビエンナーレ 出展。'95年 ヴェネチア・ビエンナーレ 出展。'99年 毎日デザイン賞グランプリ受賞。近年では、地域の人々と制作を行いながら、受け手の力に焦点を当てたアートプロジェクトを展開している。 主なアートプロジェクトには、'03年~越後妻有アートトリエンナーレ 大地の芸術祭「明後日新聞社文化事業部」発足、同時に「明後日朝顔プロジェクト」を開始。 '07年 金沢21世紀美術館「ホーム→アンド←アウェー」方式、'10年~現在 瀬戸内国際芸術祭「海底探査船美術館プロジェクト 一昨日丸」を発表。 主な監修作品・展覧会には、'12年 ぎふ清流国体・ぎふ清流大会 総合プロデューサー。'13年 より「六本木アートナイト」アーティスティックディレクター'14~'15年 日本財団アール・ブリュット美術館合同企画展「TURN/陸から海へ(ひとがはじめからもっている力)」監修。'15年 ぎふメディアコスモス みんなの森 ・みんなのギャラリーにおいて「みんなのアート」展 企画監修。 主な役職として、日本サッカー協会理事。東京芸術文化評議会 2020年の東京の文化政策検討部会 専門委員。‘15年4月より岐阜県美術館 館長を務める。
    2015年度の東京キャラバンを監修。
  • 井上 貴雄Takao Inoue

    井上 貴雄Takao Inoue

    アイムスタジオ主宰。多摩芸術学園写真学科卒(現・多摩美術大学2部)。広告制作会社写真部を経て、フリーランス。広告を中心に、車、工作機械、建築等の大きな商品から PR 誌、会社案内、舞台、イベント、作家作品まで幅広く写真、映像撮影、編集を行う。2010年神奈川県川崎市から愛知県豊田市に転居。豊田市の文化振興事業「とよたデカスプロジェクト」等オフィシャルカメラマンとして写真、映像記録を担当。

    imstudio.jimdo.com
  • 名和 晃平Nawa Kohei

    名和 晃平Nawa Kohei

    1975年生まれ。京都を拠点に活動。2009年、京都に創作のためのプラットフォーム「SANDWICH」を立ち上げる。独自の「PixCell」という概念を軸に、ビーズ、発泡ポリウレタン、シリコーンオイルなど様々な素材とテクノロジーを駆使し、彫刻の新たな可能性を拡げている。近年は建築や、舞台のプロジェクトにも取り組み、空間とアートを同時に生み出している。2015年度東京キャラバンを監修。
  • 沢 則行Noriyuki Sawa

    沢 則行Noriyuki Sawa

    (人形劇師)1991年に渡仏。92年に文化庁在外研修生でチェコへ。以降、プラハを拠点に世界各国で公演。
    また、チェコ国立芸術アカデミー演劇・人形劇学部を始め、多くの教育現場で講座、ワークショップを指導した経験を持つ。
    1999年、ヨーロッパ文化賞「フランツ・カフカ・メダル」授与ほか、国際的受賞多数。
    日本国内では、NHK「ようこそ先輩・課外授業」出演、「みんなのうた」映像制作、2015年さっぽろ雪まつり大雪像×人形オペラ「雪の国アリス」芸術監督をつとめるなど。
    東京2020NIPPONフェスティバルで巨大人形「モッコ」デザイン設計、製作操演総指揮を担当。
  • スパリゾートハワイアンズファイヤーナイフダンスチーム「Siva Ola」Spa Resort Hawaiians, Fire Knife Dance Team "Siva Ola"

    スパリゾートハワイアンズファイヤーナイフダンスチーム「Siva Ola」Spa Resort Hawaiians, Fire Knife Dance Team "Siva Ola"

    日本で唯一のプロのファイヤーナイフダンスチーム。大きなナイフの両端に燃えさかる火を点けて、体の周りでバトンのように自由自在に回しながら勇敢に踊る。
  • 東京キャラバン~プロローグ~ ストリングスチームStrings Team, Tokyo Caravan -Prologue-

    東京キャラバン~プロローグ~ ストリングスチームStrings Team, Tokyo Caravan -Prologue-

    2015年「東京キャラバン ~プロローグ~」のために結成された弦楽アンサンブル。メンバー:原田真帆(ヴァイオリン)、阪永珠水(ヴァイオリン)、日吉麻優子(ヴァイオリン)、宮崎美里(ヴァイオリン)伊藤衣里(ヴァイオリン)、立石さくら(ヴィオラ)、下斗米恒介(チェロ)、地代所悠(コントラバス)
PAGE TOP