SCROLL

ABOUT

東京キャラバンとは

人と人が交わるところに
「文化」が生まれる。

野田秀樹が提唱する
「人と人が交わるところに『文化』が生まれる。」
というコンセプトに賛同する多種多様なアーティストが出会い、
国境/言語/文化/表現ジャンルを超え
“文化混流”のワークショップを行い、共に創作していく中で、
新たな生き生きとした「文化」が生まれる。
そうして生まれた「文化」を持って、
日本全国をキャラバンして回ることで、
各地においてまた新たな
「文化」が生まれていく…
そんな文化ムーブメントが
「東京キャラバン」です。

  • 2020
  • 代々木 ※延期
  • 2019
  • 北海道 岡山
  • 富山 埼玉 いわき
  • 2018
  • 秋田 高知 豊田
  • 2017
  • 熊本 八王子 京都
  • 2016
  • 六本木 福島 宮城
  • リオデジャネイロ
  • 2015
  • 駒沢オリンピック公園
TOKYO
CARAVAN

NEWS

ニュース

MOVIES

映像

FOOTSTEPS

東京キャラバンの軌跡

北海道パフォーマンス

HOKKAIDO PERFORMANCE

2020.1.11-12

北の歴史が、文化が、
記憶の岸辺で新たな“混流”を
果たした感動の2日間

北海道ワークショップ

HOKKAIDO WORKSHOP

2019.12.21-22

歴史を知る、直に触れる。
人々と出会う。文化が交わる。
「東京キャラバン in 北海道」公開創作ワークショップ

ARTISTS

アーティスト紹介

  • 富山スペシャルコーラス トヤマイメンToyama Special Chorus TOYAMYMEN

    富山スペシャルコーラス トヤマイメンToyama Special Chorus TOYAMYMEN

    「東京キャラバン in 富山」開催のための視察時に、呼びかけ人である久田潤と木ノ下裕一・北尾亘が出会ったことがきっかけで、スペシャルチームの結成が実現。年齢も職種も合唱経験も異なり、普段別々の場所で様々な活動しているメンバーが、今回の上演のために集結し、公演当日までコーラスの練習を重ねている。
    指揮:久田潤
    ピアノ:中沖いくこ
  • 関根 光才Kosai Sekine

    関根 光才Kosai Sekine

    映像作家。2005年に短編映画を発表、仏カンヌライオンズの新人監督賞グランプリを受賞。以降、文化横断的なストーリーとアートディレクションで多くの広告映像やMV、インスタレーションアートなどを演出し、2014年にはカンヌライオンズにてグランプリを受賞するなど国際的な活動を続けている。2018年には長編映画「太陽の塔」「生きてるだけで、愛。」を公開予定。3.11以降に発足したアートプロジェクト「NOddIN(ノディン)」メンバー。

    www.kosai.info
  • 豆千佳Mamechika

    豆千佳Mamechika

    祇園甲部の舞妓。
  • 佐辺 良和Yoshikazu Sanabe

    佐辺 良和Yoshikazu Sanabe

    琉球舞踊・組踊立方。1980年、沖縄県那覇市生まれ。6歳から又吉世子に師事。琉球舞踊世舞会師範。沖縄県立芸術大学大学院音楽学芸術研究科修士課程修了。国立劇場おきなわ第一期組踊研修修了生。2013年から沖縄県立芸術大学音楽学部 琉球芸能専攻非常勤講師(組踊)。第十九回 日本伝統文化振興財団賞受賞。新進気鋭の琉球舞踊家として国内外で活躍。
  • 琉球舞踊Ryukyuan Dance

    琉球舞踊Ryukyuan Dance

    沖縄独自の歌舞劇「組踊」と同様、琉球古典音楽と琉球舞踊は琉球王朝時代に宮廷芸能として発展してきた伝統芸能。伝統を受け継ぎつつ、新たな挑戦をし続ける、国内外で活躍する若手、中堅メンバーが参加する。

    2015年:〈踊り手〉玉城盛義、新垣悟、嘉数道彦、佐辺良和、玉城匠/〈地謡〉花城英樹、横目大哉、豊里美保
    2017年:嘉数道彦、佐辺良和、平良大
    2019年:〈立方〉阿嘉修、佐辺良和、大浜暢明、玉城匠/〈地謡〉玉城和樹、和田信一
  • 津軽三味線「小山会」Tsugaru-Shamisen 「Oyama-kai」

    津軽三味線「小山会」Tsugaru-Shamisen 「Oyama-kai」

    津軽三味線全国普及のパイオニア 初代 小山 貢(現貢翁)が1963年に結成。かつて津軽三味線が津軽地方の伝承芸能に過ぎなかった頃、初代小山貢(現・貢翁)が1957年、津軽三味線奏者としては初めて単身上京し津軽三味線の普及を始め、東京発全国へと普及発展させた。合奏での演奏スタイル、楽曲の譜面化のパイオニアとしても知られている。300人を超す大合奏をしばしば開催。現在その一門は全国に多数を有し、伝統と実績・組織を誇る日本一の芸術集団となった。全国各地及び海外で多数の会員が活躍、後進の指導・育成を精力的に行っている。
    2015年:小山豊、小山慶一、小山慶宗、小山清雄、藤井黎元
    2017年:小山豊、小山浩秀、小山貢将

    www.oyamakai.com/
PAGE TOP