SCROLL

ABOUT

東京キャラバンとは

人と人が交わるところに
「文化」が生まれる。

野田秀樹が提唱する
「人と人が交わるところに『文化』が生まれる。」
というコンセプトに賛同する多種多様なアーティストが出会い、
国境/言語/文化/表現ジャンルを超え
“文化混流”のワークショップを行い、共に創作していく中で、
新たな生き生きとした「文化」が生まれる。
そうして生まれた「文化」を持って、
日本全国をキャラバンして回ることで、
各地においてまた新たな
「文化」が生まれていく…
そんな文化ムーブメントが
「東京キャラバン」です。

  • 2020
  • 代々木 ※延期
  • 2019
  • 北海道 岡山
  • 富山 埼玉 いわき
  • 2018
  • 秋田 高知 豊田
  • 2017
  • 熊本 八王子 京都
  • 2016
  • 六本木 福島 宮城
  • リオデジャネイロ
  • 2015
  • 駒沢オリンピック公園
TOKYO
CARAVAN

NEWS

ニュース

MOVIES

映像

FOOTSTEPS

東京キャラバンの軌跡

北海道パフォーマンス

HOKKAIDO PERFORMANCE

2020.1.11-12

北の歴史が、文化が、
記憶の岸辺で新たな“混流”を
果たした感動の2日間

北海道ワークショップ

HOKKAIDO WORKSHOP

2019.12.21-22

歴史を知る、直に触れる。
人々と出会う。文化が交わる。
「東京キャラバン in 北海道」公開創作ワークショップ

ARTISTS

アーティスト紹介

  • 稲田 貴貞Takasada Inada

    稲田 貴貞Takasada Inada

    (テナーサックス)1976年生まれ。20歳よりサックスをはじめる。2001年10月に結成されたレゲエバンド Risingtones に加入することにより演奏活動が本格化。その後、数多のセッションに参加し、今に至る。所属バンドはExotico De Lago、Frisco、Inayard Meets Yanting Izes、Macka Roots Band、Naoito☆. A、Natsumen、Oiso Rockers、Risingtones、Trial Production、 ホリオカキカク、ミタカッタカBandなど。
  • 高岡第一高等学校ダンス部 CADTakaoka Daiichi Hgih School Dance Club [Crazy About Dancing (CAD)]

    高岡第一高等学校ダンス部 CADTakaoka Daiichi Hgih School Dance Club [Crazy About Dancing (CAD)]

    高岡第一高等学校ダンス部 Crazy About Dancing (CAD) キャッド
    2008年6月創部、はじめは同好会として活動をスタート。
    「ダンスに夢中な生徒が集まってほしい」と当時のメンバーでチーム名を決める。ストリートダンスを中心に、型にはまらないダンスを追求。
    2013年4月、米ロサンゼルス近郊のアーバイン市で開かれたダンスドリルの国際大会「ミスダンスドリルチームUSA/インターナショナル」のデュエット・トリオ部門で優勝。その他、コンドルズ富山公演出演、E-girls の LIVE ツアー「Y.M.C.A.」バックアップダンサーなど様々な大会やイベントに挑戦し、発表の場をひろげている。 現在2年生6名、1年生6名、計12名で活動中。
  • 前田 麻里/assaMari Maeda/assa

    前田 麻里/assaMari Maeda/assa

    美術家。東京芸術大学の建築科を卒業後、児童福祉の仕事に携わりながら美術家として活動する。アートというツールを使うことで、人と人の間にある差異を曖昧に溶かしたり、そこに必要とされてる名前のないものに形を与えることが出来るのではないかと考え、日々試みている。アウトプットの形式は絵画、造形、パフォーマンス、ワークショップなど様々。 アトリエMAERIA.(2013~)を主宰。

    www.maeria.info
  • 富山スペシャルコーラス トヤマイメンToyama Special Chorus TOYAMYMEN

    富山スペシャルコーラス トヤマイメンToyama Special Chorus TOYAMYMEN

    「東京キャラバン in 富山」開催のための視察時に、呼びかけ人である久田潤と木ノ下裕一・北尾亘が出会ったことがきっかけで、スペシャルチームの結成が実現。年齢も職種も合唱経験も異なり、普段別々の場所で様々な活動しているメンバーが、今回の上演のために集結し、公演当日までコーラスの練習を重ねている。
    指揮:久田潤
    ピアノ:中沖いくこ
  • 琉球舞踊Ryukyuan Dance

    琉球舞踊Ryukyuan Dance

    沖縄独自の歌舞劇「組踊」と同様、琉球古典音楽と琉球舞踊は琉球王朝時代に宮廷芸能として発展してきた伝統芸能。伝統を受け継ぎつつ、新たな挑戦をし続ける、国内外で活躍する若手、中堅メンバーが参加する。

    2015年:〈踊り手〉玉城盛義、新垣悟、嘉数道彦、佐辺良和、玉城匠/〈地謡〉花城英樹、横目大哉、豊里美保
    2017年:嘉数道彦、佐辺良和、平良大
    2019年:〈立方〉阿嘉修、佐辺良和、大浜暢明、玉城匠/〈地謡〉玉城和樹、和田信一
  • 芳友会Group of Bitchu Kagura Hoyukai

    芳友会Group of Bitchu Kagura Hoyukai

    (備中神楽)国指定重要無形民俗文化財 備中神楽。芳友会は、若手神楽師が「所属する社中の枠を超えて、技術向上のため切磋琢磨する」目的で2006年に結成された。2015年から2代目メンバーとなり、現在は21歳から27歳の7人で活動している。それぞれが所属社中の伝統を大切にしながら、時代に見合った神楽を模索中。地元の祭りやイベントは勿論、インバウンド関連行事や瀬戸内国際芸術祭などで備中神楽の魅力を発信している。
PAGE TOP