SCROLL

ABOUT

東京キャラバンとは

人と人が交わるところに
「文化」が生まれる。

野田秀樹が提唱する
「人と人が交わるところに『文化』が生まれる。」
というコンセプトに賛同する多種多様なアーティストが出会い、
国境/言語/文化/表現ジャンルを超え
“文化混流”のワークショップを行い、共に創作していく中で、
新たな生き生きとした「文化」が生まれる。
そうして生まれた「文化」を持って、
日本全国をキャラバンして回ることで、
各地においてまた新たな
「文化」が生まれていく…
そんな文化ムーブメントが
「東京キャラバン」です。

  • 2020
  • 代々木 ※延期
  • 2019
  • 北海道 岡山
  • 富山 埼玉 いわき
  • 2018
  • 秋田 高知 豊田
  • 2017
  • 熊本 八王子 京都
  • 2016
  • 六本木 福島 宮城
  • リオデジャネイロ
  • 2015
  • 駒沢オリンピック公園
TOKYO
CARAVAN

NEWS

ニュース

MOVIES

映像

FOOTSTEPS

東京キャラバンの軌跡

北海道パフォーマンス

HOKKAIDO PERFORMANCE

2020.1.11-12

北の歴史が、文化が、
記憶の岸辺で新たな“混流”を
果たした感動の2日間

北海道ワークショップ

HOKKAIDO WORKSHOP

2019.12.21-22

歴史を知る、直に触れる。
人々と出会う。文化が交わる。
「東京キャラバン in 北海道」公開創作ワークショップ

ARTISTS

アーティスト紹介

  • 田崎 佑樹/WOWYuki Tazaki/WOW

    田崎 佑樹/WOWYuki Tazaki/WOW

    WOWコンセプター。アート&サイエンス、建築プロジェクトを中心にビジョン構築、プロデュース、各種クリエイティブ・ディレクションにおいて国内外、メディア領域を横断的に活動する。主なプロジェクトとして、彫刻家|名和晃平氏との共同プロジェクト「洸庭」、HYUNDAIアートコミッションワーク「UNITY of MOTION」、東京工業大学地球生命研究所リサーチワーク「Enceladus」等。

    www.w0w.co.jp/
  • 大漁旗Tairyobata

    大漁旗Tairyobata

    漁に出た漁船が、大漁で帰港する際に船上に掲げる旗で、船の進水式の際に、親戚や関係者などから祝儀の一種として贈られるため縁起物とされる。「東京キャラバン in いわき」でトラックに掲げられた大漁旗は実際に江名港の漁船に掲げられたものである。
    小名浜港の近隣の江名港は、かつては遠洋漁業が盛んであり、北洋サケ・マス漁業基地のひとつとして栄え、毎年5月に色鮮やかな大漁旗をはためかせ出港する光景はいわき地方の浜の風物詩となっていた。
  • 赤松 絵利Eri Akamatsu

    赤松 絵利Eri Akamatsu

    ヘアメイク・アーティスト
  • 沢 則行Noriyuki Sawa

    沢 則行Noriyuki Sawa

    (人形劇師)1991年に渡仏。92年に文化庁在外研修生でチェコへ。以降、プラハを拠点に世界各国で公演。
    また、チェコ国立芸術アカデミー演劇・人形劇学部を始め、多くの教育現場で講座、ワークショップを指導した経験を持つ。
    1999年、ヨーロッパ文化賞「フランツ・カフカ・メダル」授与ほか、国際的受賞多数。
    日本国内では、NHK「ようこそ先輩・課外授業」出演、「みんなのうた」映像制作、2015年さっぽろ雪まつり大雪像×人形オペラ「雪の国アリス」芸術監督をつとめるなど。
    東京2020NIPPONフェスティバルで巨大人形「モッコ」デザイン設計、製作操演総指揮を担当。
  • 松坂牛子Matsuzaka Ushiko

    松坂牛子Matsuzaka Ushiko

    ドラァグクイーン
  • 大西 彩瑛Sae Onishi

    大西 彩瑛Sae Onishi

    日本大学芸術学部卒。卒業時に芸術学部長賞受賞。在学中より近藤良平、平原慎太郎、伊藤千枝などの作品に出演。ダンスカンパニー踊る酸素主宰。卒業後2018年より平原慎太郎主宰のダンスカンパニーOrganWorksに参加。最近はMVや演劇作品にもダンサーとして関わる。
PAGE TOP