SCROLL

ABOUT

東京キャラバンとは

人と人が交わるところに
「文化」が生まれる。

野田秀樹が提唱する
「人と人が交わるところに『文化』が生まれる。」
というコンセプトに賛同する多種多様なアーティストが出会い、
国境/言語/文化/表現ジャンルを超え
“文化混流”のワークショップを行い、共に創作していく中で、
新たな生き生きとした「文化」が生まれる。
そうして生まれた「文化」を持って、
日本全国をキャラバンして回ることで、
各地においてまた新たな
「文化」が生まれていく…
そんな文化ムーブメントが
「東京キャラバン」です。

  • 2020
  • 代々木 ※延期
  • 2019
  • 北海道 岡山
  • 富山 埼玉 いわき
  • 2018
  • 秋田 高知 豊田
  • 2017
  • 熊本 八王子 京都
  • 2016
  • 六本木 福島 宮城
  • リオデジャネイロ
  • 2015
  • 駒沢オリンピック公園
TOKYO
CARAVAN

NEWS

ニュース

MOVIES

映像

FOOTSTEPS

東京キャラバンの軌跡

北海道パフォーマンス

HOKKAIDO PERFORMANCE

2020.1.11-12

北の歴史が、文化が、
記憶の岸辺で新たな“混流”を
果たした感動の2日間

北海道ワークショップ

HOKKAIDO WORKSHOP

2019.12.21-22

歴史を知る、直に触れる。
人々と出会う。文化が交わる。
「東京キャラバン in 北海道」公開創作ワークショップ

ARTISTS

アーティスト紹介

  • 越中いさみ太鼓保存会Etchu Isamidaiko Hozonkai

    越中いさみ太鼓保存会Etchu Isamidaiko Hozonkai

    1133年(長承2年)、現在の富山県砺波市野村島鎮守桑野神社の神事に起因し、御神体安置の際に打ち鳴らされたのが始まりと伝えられている。
    昭和27年に富山県では最初の「保存会」を結成し、活動を始めた。それから県内外に数多くの出演をしてきており、平成25年には保存会結成60年を迎えた。
    保存会結成以来、大人の部と子供の部があり、伝統継承に力を注いできた。子供の時からずっと参加しているものがほとんどで、大人になり自分の子供にも教えるような形で、親子で活動しているメンバーも多数いる。
    基本となる演奏は笛と地方に合わせて打ち込む北陸特有の曲打ち太鼓であるが、近年は古来のいさみ太鼓の伝統を基盤に、時代感覚を取り入れた新しいスタイルの曲も演奏し、活動を続けている。
  • 寺井 義貴Yoshitaka Terai

    寺井 義貴Yoshitaka Terai

    (俳優)1976年生まれ。徳島県出身。劇団「ブルドッキングヘッドロック」に所属。誠実なサラリーマンからやさぐれた筋者まで、幅広い役柄をこなす。近年は映像作品への出演も増え、瞬発力のある演技で、見る者に強烈な印象を残している。近年の出演作としては、舞台『俺節』『亡骸バスツアー』『芸術家入門の件』『忘れてもらえないの歌』、TVドラマ「極道めし」「下町ロケット」「あなたの番です」、映画「血まみれスケバンチェーンソー RED」など。
  • 熊谷 和徳Kazunori Kumagai

    熊谷 和徳Kazunori Kumagai

    1977年仙台市生まれ。15歳でタップを始め19歳で渡米。帰国後、国内外でタップダンサーとしての活動を広げ、ソロ公演では青山円形劇場・シアターコクーン・国際フォーラムを即日SOLD OUTにするタップダンサーとしては異例の動員数をもつ。2012年文化庁の助成を受け再びNYへ。2014年Bunkamuraオーチャードホールで2回の公演を行う。“National Tap Dance Day”で日本人初となる2014 Flo-Bert Life Achievement賞受賞。2016年ニューヨークのあらゆるジャンルのダンスの最高峰の賞といわれる通称“BESSIE AWARD”で“OUTSTANDING PERFORMER”(最優秀パフォーマー)を受賞。東京に自身のスタジオKAZ TAP STUDIOを持ち、地元仙台においては仙台市市民文化事業団と共に後進の育成のためのプロジェクトTAP the FUTUREを行い、タップの楽しさと文化を広めるため日本全国でのワークショップも勢力的に行う。
    熊谷独自の唯一無二のアートは日々進化し、新たなタップダンスの未来を創造している。
  • 井手 茂太Shigehiro Ide

    井手 茂太Shigehiro Ide

    1991 年にダンスカンパニー「イデビアン・クルー」を結成。既存のダンススタイルにとらわれない自由な発想で、日常の身振りや踊り手の個性を活かしたオリジナリティ溢れる作品を発表し、国内をはじめ、ドイツ、フランス、イギリスなどの23 都市、のべ34 箇所で作品を上演。また演劇作品へのステージングや振付、CM・ミュージックビデオの振付や出演など、幅広いジャンルでも活動する。

    www.idevian.com
  • 田中 博之Hiroyuki Tanaka

    田中 博之Hiroyuki Tanaka

    映像作家。監督した映画作品は国内・海外の多数の映画祭にて上映。3.11の震災後発足した311仙台短篇映画祭映画制作プロジェクト「明日」に参加。NHK教育テレビ「中学生日記」の脚本執筆。少年王者舘『人口恋愛双曲線』など舞台の映像演出も多数手がける。市民とともに制作した岐阜県各務原市のCM・PRムービーを監修。専門学校名古屋ビジュアルアーツにて講師を務める。

    www.tanakahiroyuki.net/
  • 安部 萌Megumi Abe

    安部 萌Megumi Abe

    (ダンサー)幼少期よりクラシックバレエを学ぶ。2018年に多摩美術大学演劇舞踊デザイン学科卒業。現在フリーで活動中。 ときたま舞台上で喋ることもある。他にもMVやCMへの出演など活動の幅を広げている。『近藤良平のモダンタイムス』、CHAiroiPLIN『三文オペラ』、妖精大図鑑『Ammonite Night』『Re:quest!on』『Ëncöünt!』、ままごと『交響曲「豊橋」(合唱付き)』、edda『夢のレイニー』、清竜人25バックダンサー、木ノ下歌舞伎『三番叟』振付アシスタント、 山道弥栄企画『三輪』振付 など。
PAGE TOP