SCROLL

ABOUT

東京キャラバンとは

人と人が交わるところに
「文化」が生まれる。

野田秀樹が提唱する
「人と人が交わるところに『文化』が生まれる。」
というコンセプトに賛同する多種多様なアーティストが出会い、
国境/言語/文化/表現ジャンルを超え
“文化混流”のワークショップを行い、共に創作していく中で、
新たな生き生きとした「文化」が生まれる。
そうして生まれた「文化」を持って、
日本全国をキャラバンして回ることで、
各地においてまた新たな
「文化」が生まれていく…
そんな文化ムーブメントが
「東京キャラバン」です。

  • 2020
  • 代々木 ※延期
  • 2019
  • 北海道 岡山
  • 富山 埼玉 いわき
  • 2018
  • 秋田 高知 豊田
  • 2017
  • 熊本 八王子 京都
  • 2016
  • 六本木 福島 宮城
  • リオデジャネイロ
  • 2015
  • 駒沢オリンピック公園
TOKYO
CARAVAN

NEWS

ニュース

MOVIES

映像

FOOTSTEPS

東京キャラバンの軌跡

北海道パフォーマンス

HOKKAIDO PERFORMANCE

2020.1.11-12

北の歴史が、文化が、
記憶の岸辺で新たな“混流”を
果たした感動の2日間

北海道ワークショップ

HOKKAIDO WORKSHOP

2019.12.21-22

歴史を知る、直に触れる。
人々と出会う。文化が交わる。
「東京キャラバン in 北海道」公開創作ワークショップ

ARTISTS

アーティスト紹介

  • 黒田 育世Ikuyo Kuroda

    黒田 育世Ikuyo Kuroda

    振付家・ダンサー・「BATIK」主宰
    6歳よりクラシックバレエを始め、97年渡英、コンテンポラリーダンスを学ぶ。02年BATIKを設立。バレエテクニックを基礎に、身体を極限まで追いつめる過激でダイナミックな振付は、踊りが持つ本来的な衝動と結びつき、ジャンルを超えて支持されている。 03年トヨタコレオグラフィーアワード 「次代を担う振付家賞」「オーディエンス賞」、04年「朝日舞台芸術賞」、06年「舞踊批評家協会賞」、10年「第4回日本ダンスフォーラム賞」、15年「第9回日本ダンスフォーラム賞」を受賞。BATIKでの活動に加え、金森穣率いるNoism05、飴屋法水、古川日出男、笠井叡、野田秀樹、串田和美など様々なアーティストとのクリエーションも多い。
  • 夏目 慎也Shinya Natsume

    夏目 慎也Shinya Natsume

    (俳優)1975年、愛知県生まれ。2001年「東京デスロック」旗揚げより参加。最近の主な出演作品として、東京デスロック+第12言語演劇スタジオ『가모메 カルメギ』、三条会『ひかりごけ 三編』、木ノ下歌舞伎『黒塚』『東海道四谷怪談—通し上演—』、劇団しようよ『パフ』など。またTV、映画作品でも活動中。「SP 警視庁警備部警護課第四係」、「まほろ駅前番外地」、「深夜食堂」など多数出演。個性的な外観と生来の気の弱さや器の小ささが反映された演技で普通のサラリーマン、酔客、刑事、犯罪者などバラエティに富んだ中年役を演じる。自転車と釣りとガチャガチャが好き。
  • 佐辺 良和Yoshikazu Sanabe

    佐辺 良和Yoshikazu Sanabe

    琉球舞踊・組踊立方。1980年、沖縄県那覇市生まれ。6歳から又吉世子に師事。琉球舞踊世舞会師範。沖縄県立芸術大学大学院音楽学芸術研究科修士課程修了。国立劇場おきなわ第一期組踊研修修了生。2013年から沖縄県立芸術大学音楽学部 琉球芸能専攻非常勤講師(組踊)。第十九回 日本伝統文化振興財団賞受賞。新進気鋭の琉球舞踊家として国内外で活躍。
  • 石原 七生Nanami Ishihara

    石原 七生Nanami Ishihara

    東京生まれ。 多摩美術大学 造形表現学部 造形学科卒。 神話、伝承、古典文学、小説など、その時に出会う様々な物語をもとに、人との出会い、偶然訪れた場所、心が騒ぐこと、忘れられない風景、目まぐるしく入ってくる情報、一見辻褄の合わないことに必然性・類似性を見出して1つに結びつけて描いています。
  • 山田 茉琳Marin Yamada

    山田 茉琳Marin Yamada

    (ダンサー)1995年、神奈川県生まれ。
    3歳からヒップホップをはじめ、その後ジャズダンス・創作ダンスを学ぶ。桜美林大学にて、コンテンポラリーダンスを木佐貫邦子に師事。
    大学卒業後はダンスカンパニー「Baobab」、笠井瑞丈×上村なおかなどの作品に出演。フリーのダンサーとして活動している。
    主な出演作にBaobab『FIELD -フィールド-』、シアター21フェス春編 vol.117 『サイクロンクロニクル』、ダンスがみたい!21 『「三道農楽カラク」を踊る。』など。
  • 嘉数 道彦Michihiko Kakazu

    嘉数 道彦Michihiko Kakazu

    琉球舞踊・組踊立方、脚本・演出家。1979年、沖縄県那覇市生まれ。4歳から琉球舞踊を初代宮城能造、宮城能里に師事。宮城流能里乃会師範。沖縄県立芸術大学大学院音楽学芸術研究科修士課程修了。在学中から新作組踊を発表するほか、国立劇場おきなわの開場記念公演などに出演。沖縄県立芸大非常勤講師を経て、2013年4月から公益財団法人国立劇場おきなわ運営財団芸術監督兼企画制作課長に就任。第39回松尾芸能賞舞踊部門新人賞受賞。
PAGE TOP