SCROLL

ABOUT

東京キャラバンとは

人と人が交わるところに
「文化」が生まれる。

野田秀樹が提唱する
「人と人が交わるところに『文化』が生まれる。」
というコンセプトに賛同する多種多様なアーティストが出会い、
国境/言語/文化/表現ジャンルを超え
“文化混流”のワークショップを行い、共に創作していく中で、
新たな生き生きとした「文化」が生まれる。
そうして生まれた「文化」を持って、
日本全国をキャラバンして回ることで、
各地においてまた新たな
「文化」が生まれていく…
そんな文化ムーブメントが
「東京キャラバン」です。

  • 2020
  • 代々木 ※延期
  • 2019
  • 北海道 岡山
  • 富山 埼玉 いわき
  • 2018
  • 秋田 高知 豊田
  • 2017
  • 熊本 八王子 京都
  • 2016
  • 六本木 福島 宮城
  • リオデジャネイロ
  • 2015
  • 駒沢オリンピック公園
TOKYO
CARAVAN

NEWS

ニュース

MOVIES

映像

FOOTSTEPS

東京キャラバンの軌跡

北海道パフォーマンス

HOKKAIDO PERFORMANCE

2020.1.11-12

北の歴史が、文化が、
記憶の岸辺で新たな“混流”を
果たした感動の2日間

北海道ワークショップ

HOKKAIDO WORKSHOP

2019.12.21-22

歴史を知る、直に触れる。
人々と出会う。文化が交わる。
「東京キャラバン in 北海道」公開創作ワークショップ

ARTISTS

アーティスト紹介

  • GIANT STEPSGIANT STEPS

    GIANT STEPSGIANT STEPS

    音楽フェスや人形劇フェスティバル、お祭りなどに出没する老若男女を擁する巨大傀儡師(あやつり人形遣い)集団。手作りの人形を用いて日常の中に非日常を生み出し、観る人の心をざわめかすことを旗じるしに、東海道を拠点に全国津々浦々で活動中。豊田市で開催される「橋の下世界音楽祭」、「トヨロック」では様々な音楽人とコラボしている。
  • 米田 沙織Saori Yoneda

    米田 沙織Saori Yoneda

    (ダンサー)1987年、東京生まれ。幼少よりクラシックバレエを習う。桜美林大学にてコンテンポラリーダンスに出会い、以後木佐貫邦子に師事。卒業後はダンサー/役者として活動し、鰰-hatahata-『動け!人間!-なんとなく深海魚と呼ばれている方-』(構成・美術:神里雄大・白神ももこ)やミクニヤナイハラプロジェクト『幸福オンザ道路』(作・演出:矢内原美邦)等に出演。2010年より「Baobab」(主宰:北尾亘)に加入。初期メンバーとして企画運営に携わり、ほぼ全ての作品に出演している。2017年『コンダクター』よりタバマ企画(主宰:田畑真希)にも加入。升水絵里香とのダンスデュオ、ヨネエリを経て個人の創作活動も行っており、東京のほか別府、北九州、台北などで作品を発表。先日北九州にて初の長編ソロ作品『UMU-ウム-』を上演する。東京キャラバンには昨年の高知に続き、2年目の参加。
  • 勝井 粧子Shoko Katsui

    勝井 粧子Shoko Katsui

    箏曲家。当道友楽会三代目家元菊武厚詞の長女。6歳より箏を、10歳より三味線を始める。東京藝術大学音楽学部邦楽科箏曲生田流専攻卒業。在学中、常英賞受賞。2015年坂東玉三郎主演・演出「アマテラス」に出演。2015年「大阪平成中村座」2017年「壽初春大歌舞伎」「花形歌舞伎」歌舞伎の黒御簾にて演奏。現在、当道友楽会、邦楽あんさんぶるグループふぁるべ、森の会、みやこ風韻に所属する。

    http://piyoriko.wixsite.com/petit-macaroon
  • 津村 禮次郎Tsumura Reijiro

    津村 禮次郎Tsumura Reijiro

    観世流シテ方 観世流緑泉会代表。重要無形文化財(能楽総合)保持者。1942年北九州市生まれ。一橋大学在学中に女流能楽師の草分け津村紀三子に師事、その後先代観世喜之に師事する。緑泉会定例公演、小金井薪能公演のほか、仙台、福島、佐渡での活動も30数年以上継続する。古典に留まらず創作活動、海外公演、演劇やダンスとのコラボレーションも多い。昨年はドキュメンタリー映画「躍る旅人・能楽師津村禮次郎の肖像」が公開された。著作に「能がわかる100のキーワード」「能狂言図典」、写真集「舞幻」。

    *「舞幻」はBUGENです。
  • 東京スカパラダイスオーケストラTokyo ska paradise orchestra

    東京スカパラダイスオーケストラTokyo ska paradise orchestra

    「東京に集う僕らが、世界中から東京という都市に集まってくるさまざまな音楽を吸収し、自分たちのものにし、最高にパラダイスでハッピーな音楽を奏でるオーケストラ(バンド)!」

    1985年結成から現在に至るまで26年間、ジャズ、ロック、歌謡、ソウル、ファンク、パンク、映画音楽などさまざまな音楽ジャンルをとりこみながら、東京という都市の空気を吸い、東京から発信ということに拘り、進化し続けている。「日本人アーティスト」という枠組なしで、海外で長年活躍できているポップアーティストはスカパラをおいて他にいない。日本から唯一アメリカ最大のロックフェスティバル”コーチェラ“のメインステージに出演したアーティストであり、その他欧米、中南米の世界的な音楽フェスを総なめしている。
    インストルメンタルである彼らは、国内外問わずさまざまなアーティストとコラボレーションしてきた -高橋幸弘、奥田民生、竹中直人、小沢健二、椎名林檎、柴咲コウ、小泉今日子、小林旭、Kemuri、甲本ヒロト、Perfume、上原ひろみ、Manu Chao、Emicida、Los Fabulosos Cadillacsなど
    今までにリリースしたアルバムは30枚(海外盤含む)、ライブ本数は2000本を超す。
    2000年開始した海外ツアーは今年で16年目。28カ国140本。2011年4月東日本大震災後直後に躊躇しながらも行った初の中南米ツアー先のメキシコで、3万人から大歓声を浴びて迎えられたのがきっかけで毎年中南米ツアーを敢行。
    2015年デビュー25周年を機に、自分たちが音楽によって得ることができた未来への希望や勇気をもっと多くの人たちと共有できないかと、国内、海外のツアー先で子供たちを対象としたワークショップを始める。
  • 公益社団法人北海道アイヌ協会Ainu Association of Hokkaido

    公益社団法人北海道アイヌ協会Ainu Association of Hokkaido

    東京2020オリンピック・パラリンピックからアイヌ文化を世界へ
    多様な民族が集う平和の祭典において日本の先住民族アイヌの存在を世界に知ってもらうまたとないチャンス。
    全てものを敬う心から築かれたアイヌ文化には世界平和に通じるものがある。
    そんなアイヌ民族の心を、世界に誇れる日本の心の一つとして世界に発信していく取組を進めている。
PAGE TOP