SCROLL

ABOUT

東京キャラバンとは

人と人が交わるところに
「文化」が生まれる。

野田秀樹が提唱する
「人と人が交わるところに『文化』が生まれる。」
というコンセプトに賛同する多種多様なアーティストが出会い、
国境/言語/文化/表現ジャンルを超え
“文化混流”のワークショップを行い、共に創作していく中で、
新たな生き生きとした「文化」が生まれる。
そうして生まれた「文化」を持って、
日本全国をキャラバンして回ることで、
各地においてまた新たな
「文化」が生まれていく…
そんな文化ムーブメントが
「東京キャラバン」です。

  • 2020
  • 代々木 ※延期
  • 2019
  • 北海道 岡山
  • 富山 埼玉 いわき
  • 2018
  • 秋田 高知 豊田
  • 2017
  • 熊本 八王子 京都
  • 2016
  • 六本木 福島 宮城
  • リオデジャネイロ
  • 2015
  • 駒沢オリンピック公園
TOKYO
CARAVAN

NEWS

ニュース

MOVIES

映像

FOOTSTEPS

東京キャラバンの軌跡

北海道パフォーマンス

HOKKAIDO PERFORMANCE

2020.1.11-12

北の歴史が、文化が、
記憶の岸辺で新たな“混流”を
果たした感動の2日間

北海道ワークショップ

HOKKAIDO WORKSHOP

2019.12.21-22

歴史を知る、直に触れる。
人々と出会う。文化が交わる。
「東京キャラバン in 北海道」公開創作ワークショップ

ARTISTS

アーティスト紹介

  • 東京キャラバン~プロローグ~ ストリングスチームStrings Team, Tokyo Caravan -Prologue-

    東京キャラバン~プロローグ~ ストリングスチームStrings Team, Tokyo Caravan -Prologue-

    2015年「東京キャラバン ~プロローグ~」のために結成された弦楽アンサンブル。メンバー:原田真帆(ヴァイオリン)、阪永珠水(ヴァイオリン)、日吉麻優子(ヴァイオリン)、宮崎美里(ヴァイオリン)伊藤衣里(ヴァイオリン)、立石さくら(ヴィオラ)、下斗米恒介(チェロ)、地代所悠(コントラバス)
  • 越中いさみ太鼓保存会Etchu Isamidaiko Hozonkai

    越中いさみ太鼓保存会Etchu Isamidaiko Hozonkai

    1133年(長承2年)、現在の富山県砺波市野村島鎮守桑野神社の神事に起因し、御神体安置の際に打ち鳴らされたのが始まりと伝えられている。
    昭和27年に富山県では最初の「保存会」を結成し、活動を始めた。それから県内外に数多くの出演をしてきており、平成25年には保存会結成60年を迎えた。
    保存会結成以来、大人の部と子供の部があり、伝統継承に力を注いできた。子供の時からずっと参加しているものがほとんどで、大人になり自分の子供にも教えるような形で、親子で活動しているメンバーも多数いる。
    基本となる演奏は笛と地方に合わせて打ち込む北陸特有の曲打ち太鼓であるが、近年は古来のいさみ太鼓の伝統を基盤に、時代感覚を取り入れた新しいスタイルの曲も演奏し、活動を続けている。
  • 大西 千夏Chika Onishi

    大西 千夏Chika Onishi

    (マルチアーティスト)ストレートプレイ、ミュージカル、仮面劇、英語劇、人形劇、映像作品、朗読、音楽ライブ、テレビCMなど、活動の幅は広い。プレーヤーとして作品に参加する場合もあれば、作家、楽曲提供、衣装デザイン、演出など、創作側に立つこともある。マルチな面を生かし、作品に関わるすべてを自作することによるソロ公演にも力を注いでいる。演出家として芸術祭に参加し作品を提供することも多い。シナリオ、音楽、演出を手がけた「アマンジャクの旅」でパリ公演を果たす。
  • 岡田カーヤOkada Kaya

    岡田カーヤOkada Kaya

    (アルトサックス・隊長)ライター、編集者、音楽家。街の楽団「Double Famous」ではサックス、アコーディオンなどを担当。旅と日常の間で、人の営み、土地に根ざした食や音楽などの記事を書く。書籍などの企画・編集を行うほか、『翼の王国』『ソトコト』『dancyu』などで執筆。ワインとスープを飲み歩くのが好き。
  • 三浦 知也Tomoya Miura

    三浦 知也Tomoya Miura

    (写真)1982生まれ。名古屋市在住。2007年、三年間のアシスタントを経てフリーランスに。2008年、個展”the photograph is not enough!” in the Lights Underground。2009年 個展”ビコウ the twilight”。2011年、個展”三浦知也の写真展” in NO.12 GALLLEY(tokyo),ON READING(nagoya)。 現在 名古屋を中心に雑誌や広告、音楽のまわりに ちょこちょこ顔を出しながら撮影を重ねている。主な仕事に、 SAKEROCK「MUDA」、鴨田潤「一」、YOUR SONG IS GOOD「PLAY ALL」/DVD、星野源×ハンバートハンバートPHOTO ZINE/space showerTVプレゼント用、TURTLE ISLAND by roots magazine/写真集+DVD、NICE VIEW「SOPHISTICATED AND BARBARIAN」/CD、 GO FISH「あたまのうえ」/CD、 the act we act「いってきます」/CDなど。

    http://miuracamera.com/
  • 皆野民俗芸能奏楽研修会The Institute of Traditional Folk Music of The Minano district

    皆野民俗芸能奏楽研修会The Institute of Traditional Folk Music of The Minano district

    秩父音頭の発祥地、秩父郡皆野町の伝統芸能の保存・後継者育成を行う会。創立者・関根幸一(故)は、昭和20年代に郡内の神楽や獅子舞などの調査に関わる一方で、地元皆野椋神社の獅子舞、神楽、秩父音頭、各種祭囃子など100曲余りの記録を行い、後継者育成のため皆野民俗芸能奏楽研修会を発足させた。本部は貴重な楽譜をもとに講習を続け、現在大人から子供まで大勢の会員が活躍中。町内外一般向けの秩父音頭講習や和楽器体験のワークショップも行っている。
PAGE TOP