SCROLL

ABOUT

東京キャラバンとは

人と人が交わるところに
「文化」が生まれる。

野田秀樹が提唱する
「人と人が交わるところに『文化』が生まれる。」
というコンセプトに賛同する多種多様なアーティストが出会い、
国境/言語/文化/表現ジャンルを超え
“文化混流”のワークショップを行い、共に創作していく中で、
新たな生き生きとした「文化」が生まれる。
そうして生まれた「文化」を持って、
日本全国をキャラバンして回ることで、
各地においてまた新たな
「文化」が生まれていく…
そんな文化ムーブメントが
「東京キャラバン」です。

  • 2020
  • 代々木 ※延期
  • 2019
  • 北海道 岡山
  • 富山 埼玉 いわき
  • 2018
  • 秋田 高知 豊田
  • 2017
  • 熊本 八王子 京都
  • 2016
  • 六本木 福島 宮城
  • リオデジャネイロ
  • 2015
  • 駒沢オリンピック公園
TOKYO
CARAVAN

NEWS

ニュース

MOVIES

映像

FOOTSTEPS

東京キャラバンの軌跡

北海道パフォーマンス

HOKKAIDO PERFORMANCE

2020.1.11-12

北の歴史が、文化が、
記憶の岸辺で新たな“混流”を
果たした感動の2日間

北海道ワークショップ

HOKKAIDO WORKSHOP

2019.12.21-22

歴史を知る、直に触れる。
人々と出会う。文化が交わる。
「東京キャラバン in 北海道」公開創作ワークショップ

ARTISTS

アーティスト紹介

  • 石原 七生Nanami Ishihara

    石原 七生Nanami Ishihara

    東京生まれ。 多摩美術大学 造形表現学部 造形学科卒。 神話、伝承、古典文学、小説など、その時に出会う様々な物語をもとに、人との出会い、偶然訪れた場所、心が騒ぐこと、忘れられない風景、目まぐるしく入ってくる情報、一見辻褄の合わないことに必然性・類似性を見出して1つに結びつけて描いています。
  • 二代目 浅野 梅若Umewaka Asano the Second

    二代目 浅野 梅若Umewaka Asano the Second

    1947年秋田県生まれ。本名:浅野和子。日本民謡梅若流梅若会宗家。1963年秋田民謡三味線「名人位」初代浅野梅若の元に内弟子入門。1968年「第22回NHKのど自慢コンクール」にて「秋田追分」を唄い日本一に。 2008年「二代目浅野梅若」を襲名、梅若流の宗家も継承した。秋田県内外から集まる沢山の内弟子や民謡の唄い手を育成指導し、民謡全国大会日本一を多数輩出している。
  • 武内 浩一Koichi Takeuchi

    武内 浩一Koichi Takeuchi

    (ダンサー、振付家)1981年 岡山県倉敷市生まれ。2005年より須原由光(「ズンチャチャ」主宰 )に感銘を受け、踊り始める。ダンス、演劇、アフリカンパーカッション、ミュージカル、オペラ、朗読、映画、CM等様々な表現活動経歴を持つ。文化庁、NPO法人DANCE BOX主催 国内ダンス留学@神戸(ダンサーコース)3期生。三浦宏之主催、M・L・I、M・O・Wに3年半所属。
  • スパリゾートハワイアンズダンシングチーム(通称:フラガール)Spa Resort Hawaiians, Dancing Team (Hula Girl)

    スパリゾートハワイアンズダンシングチーム(通称:フラガール)Spa Resort Hawaiians, Dancing Team (Hula Girl)

    2006年公開の映画『フラガール』のモデルになったことでも知られるフラダンスチーム。 東日本大震災後は、福島県や東北地方全体の観光復興の為、全国キャラバンを実施。“復興のシンボル”と称され、2011年に第3回観光庁長官表彰を受賞。
  • 木ノ下 裕一Yuichi Kinoshita

    木ノ下 裕一Yuichi Kinoshita

    (ドラマトゥルク・「木ノ下歌舞伎」主宰)1985年、和歌山市生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。歴史的な文脈を踏まえつつ、現代における歌舞伎演目上演の可能性を発信。あらゆる視点から歌舞伎にアプローチするため、演出家を作品ごとに招くという、日本では珍しいスタイルで、京都を拠点に作品を製作している。代表作に『娘道成寺』『黒塚』『東海道四谷怪談—通し上演—』『心中天の網島』『義経千本桜—渡海屋・大物浦—』『糸井版 摂州合邦辻』など。
    2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネート、2016年に上演した『勧進帳』の成果に対して、平成28年度文化庁芸術祭新人賞を受賞。平成29年度芸術文化特別奨励制度奨励者。公益財団法人セゾン文化財団ジュニア・フェロー。
    渋谷・コクーン歌舞伎『切られの与三』(2018)の補綴、毎日新聞社(関西版)、東京新聞での連載など、外部での古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。
    2016年、博士号(芸術博士)取得。
    多摩美術大学演劇舞踊デザイン学科演劇舞踊コース、京都造形芸術大学舞台芸術学科非常勤講師。
  • ヤマダ ユウジYAMADA Yuji

    ヤマダ ユウジYAMADA Yuji

    映像作家。2005年より独学で映像制作を始め現在もフリーランスとして活動中。2014年に自由な映像表現を求め映像作家としても活動を開始。作品は現代美術、アパレルなどの分野で活躍するアーティストや旅の風景を捉えたものなどがある。

    vimeo.com/ymdyj
PAGE TOP