ARTISTS

アーティスト紹介

下島 礼紗 Reisa Shimojima

(振付家・ダンサー・「ケダゴロ」主宰)1992年、鹿児島県生まれ。7歳よりダンスを始め、よさこい踊りを中心に活動。桜美林大学にて、コンテンポラリーダンスを木佐貫邦子に師事。これまでに、木佐貫邦子、伊藤千枝子、近藤良平(コンドルズ)作品等に出演。また演劇では、鐘下辰男(演劇企画集団THE・ガジラ)等に出演。2013年にダンスカンパニー「ケダゴロ」を立ち上げ、全作品の振付・演出を行っている。
ソロ作品『オムツをはいたサル』は、6カ国10カ所のフェステバルにて上演。
横浜ダンスコレクション2017〈最優秀新人賞〉〈Touch Point Art Foundation賞〉、5./BODY.RADICAL International Performing Arts Biennial〈オーディエンス賞〉、New Dance For Asia 2018〈NDA賞〉、SAI Dance Festival 2019 COMPETITION〈最優秀作品賞〉など受賞。

参加プログラム

撮影:Sato Mizuki

PAGE TOP