ARTISTS

アーティスト紹介

西田 夏奈子 Kanako Nishida

1974年、神奈川県生まれ。女優 / 歌い手 / バイオリン弾き。1999年より現在まで、フリーの俳優として舞台への出演多数。映画出演は杉田協士監督『ひかりの歌』(2018年)。小説の朗読ライブやバイオリンの即興演奏、詩人やダンサーとの創作、また《エビ子・ヌーベルバーグ》の別名で、ミュージシャンのサポートやお邪魔をすることも。老人ホームでの介護予防運動インストラクターや、多摩美術大学演劇舞踊デザイン学科非常勤講師なども務める。出没が多岐に渡りすぎてまとめられないまま今に至る。近年の出演作は、庭劇団ペニノ『蛸入道 忘却の儀』、木ノ下歌舞伎『糸井版 摂州合邦辻』、KJプランニングス『ザ・モニュメント 記念碑』、サインアートプロジェクト.アジアン『残夏-1945-』、NODA・MAP『足跡姫』。

参加プログラム

写真:朝岡英輔

PAGE TOP