ARTISTS

アーティスト紹介

いわき絵のぼり Iwaki-enobori

端午の節句に飾られるもので、家紋の下に子供の立身出世や厄除けを願い、鯉の滝登りや鍾馗、戦国時代の英雄といった武者絵が描かれることが多い。手書き顔料染め、浮世絵的色彩が特徴で、江戸文化が地方に残存した希少例と再評価されつつある。
大和絵の有識者である松原佐久が下絵の指導をしたため、後にいわき絵のぼりを見た明治の武者絵の大家である小堀鞆音は、故実に即し、図柄が立派なことに驚いたという。
いわき市指定無形文化財。

参加プログラム

PAGE TOP