(切り絵作家)札幌市在住。小樽商科大学卒業。2009年より札幌市教育文化会館主催、3年間のプロジェクト「フィギュア・アート・シアタ!札幌(FAT!S)」に参加、チェコ在住人形劇作家・沢則行氏の下で人形制作・操演・影絵制作を経験。2012年より舞台影絵・観賞用切り絵制作を開始する。
2012年、コンサート「ペレアスとメリザンド」(京都フランス歌曲協会)影絵制作を手がけ、2013年に個展「遠い記憶の物語」(札幌:ギャラリーカフェ・エスキス)を開催。2013年からNHK札幌「北の文芸館」の照明影絵・TV放送用切り絵制作を担当。2014年には舞台「セロ弾きのゴーシュ」東京・長野・大阪・チェコ公演、2015年さっぽろ雪まつり大雪像「雪の国のアリス」の影絵制作・操演を担当する。
2017年「KIRIE ART展」(チェコ:プラハ在チェコ日本国大使館広報文化センター)作品展示・ワークショップを開催、2018年「大黒屋光太夫ロシア漂流記」(さっぽろ人形浄瑠璃芝居あしり座)、2019年舞台「OKHOTSK~終わりの楽園」(チェコ・ポーランド・スロヴァキア公演)の影絵制作・操演を担当。2019年には作品集「切り絵アート」をかりん舎より出版した。
2020年、よつ葉乳業「よつ葉濃厚ヨーグルト・飲むヨーグルト」CMの切り絵制作・操演、2021年、舞台「岬のマヨイガ」東北・東京公演の影絵制作などを担当した。

2020年「東京キャラバン in 北海道」では影絵操演を担当。

参加プログラム

一覧へ戻る