撮影:Kato Tetsuro

造形作家
札幌の劇団清水企画の大道具製作から演劇の世界へ。
舞台会社で演劇、バレエ、ダンス、オペラなどの装置製作を学び、その後小道具や特殊造形・人形製作など様々な舞台の製作に携わる。
2005年より人形劇作家・沢則之氏と出会い、さっぽろ雪まつり大雪像「雪の国のアリス」や「OKHOTSK~終わりの楽園~」東欧ツアーなどに参加。2007年からは京都の劇団ヨーロッパ企画の小道具や特殊造形を手がける。近年ではギャラリー展示の開催も。

参加プログラム

一覧へ戻る