駒沢オリンピック公園

KOMAZAWA

2015.10.8-10.10

「文化とは交通である」をテーマに、
東京キャラバンの可能性を探る“プロローグ”
  • Photo:井上嘉和

  • Photo:井上嘉和

  • Photo:井上嘉和

  • Photo: Nobutada OMOTE | SANDWICH

  • Photo: Nobutada OMOTE | SANDWICH

  • Photo: Nobutada OMOTE | SANDWICH

「東京キャラバン」公開ワークショップが、10月8日~10日の3日間にわたり、駒沢オリンピック公園 特設会場(軟式野球場)にて開催されました。 劇作家・演出家・役者である野田秀樹、彫刻家・名和晃平、現代美術家・日比野克彦の呼びかけにより賛同した参加アーティストは総勢32組。「文化とは交通である」をテーマに、6つのワークショップを行い、2016年の夏から本格始動する「東京キャラバン」の可能性を探りました。最終日10日の日没後には、ワークショップの総まとめとなる「ショーケース」を開催。「交わる」「旅」「交通」 といったモチーフで、現代アートや音楽、ファッションから地域に受け継がれてきた伝統文化、能楽まで新旧が交わるコラボレーションを約1200名の観客に披露しました。

開催概要

開催日

2015年10月8日(木)~10日(土)ワークショップ
2015年10月10日(土)ショーケース

会場

駒沢オリンピック公園 軟式野球場 特設会場

参加アーティスト

野田秀樹、アイヌ舞踊〈トンコリ奏者:OKI、ヴォーカリスト:MAREWREW〉、宇治野宗輝(現代アーティスト)、大曽根浩範(作曲家/編曲家)、大野誠(藤田流笛方)、嘉数道彦(琉球舞踊・組踊立方)、金刺敬大(和太鼓奏者)、金津流獅子躍、佐藤悠(アーティスト)、佐辺良和(琉球舞踊・組踊立方)ジャスミン(ドラァグクィーン)、関根光才(映像作家)、田崎佑樹/WOW(映像アーティスト)、津軽三味線「小山会」〈小山豊、小山慶一、小山慶宗、小山清雄、藤井黎元〉、佃良太郎(高安流大鼓方)、椿昇(現代アーティスト)、津村禮次郎(能楽師・観世流シテ方)、土井志清(一刀彫職人)、“東京キャラバン”アンサンブル〈秋草瑠衣子、秋山遊楽、大石貴也、織田圭祐、川原田樹、菊沢将憲、黒瀧保士、近藤彩香、佐々木富貴子、指出瑞貴、下司尚実、白倉裕二、末富真由、長尾純子、永田恵実、野上絹代、野口卓磨、福島彩子、柳生拓哉、吉田朋弘〉、東京キャラバン~プロローグ~ストリングスチーム〈原田真帆/ヴァイオリン、阪永珠水/ヴァイオリン、日吉麻優子/ヴァイオリン、宮崎美里/ヴァイオリン、伊藤衣里/ヴァイオリン、立石さくら/ヴィオラ、下斗米恒介/チェロ、地代所悠/コントラバス〉、名和晃平(現代美術家)、林道雄(デザイナー)、パラモデル(アートユニット)、日比野克彦(現代アーティスト)、藤崎了一(アーティスト)、藤元明(アーティスト)、マダム・レジーヌ(ドラァグクィーン)、松阪牛子(ドラァグクィーン、)、松たか子(女優)、宮沢りえ(女優)、ムラタセイサク君(R)(自転車型ロボット)、モデル〈立花恵理、麻宮彩希、山村紘未、HESUI〉、琉球舞踊〈踊り手:玉城盛義、新垣悟、玉城匠、地謡:花城英樹、横目大哉、豊里美保〉、レイチェル ダ・ムール(ドラァグクィーン)、Daisy Ballon(バルーンアーティスト)、Luigi Honorat(アーティスト)、ULTRA SANDWICH PROJECT(美術制作チーム)

参加クリエーター

青木兼治(映像制作)、赤松絵利(ヘアメイク・アーティスト)、井手茂太(振付家)、井上嘉和(写真家)、表恒匡(写真家)、田中博之(映像作家)、服部基(照明家)、原摩利彦(音楽家)、ひびのこづえ(コスチューム・アーティスト)

主催

東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)

協力

京都造形芸術大学、ULTRA FACTORY、一般社団法人日本ファッション・ウィーク推進機構、特定非営利活動法人 難民を助ける会(AARJapan)、特定非営利活動法人 ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク、有限会社 古典空間、株式会社中川政七商店

資材協力

株式会社 エービーシー商会、手塚運送株式会社、株式会社乃村工藝社「マチハコ(R)」

監修

野田秀樹(劇作家、演出家、役者、東京芸術劇場芸術監督)

監修補佐

日比野克彦(アーティスト)

美術・空間構成

名和晃平(彫刻家)

映像

PAGE TOP PAGE TOP