2017.8.19-20Kyoto(Kameoka)

京都・亀岡

東京キャラバン2017は、独自の素晴らしい文化を誇る京都から始まりました。亀岡のワークショップでは、普段出会うことのない様々なジャンルの表現者たちが出会い、二条城でのパフォーマンスに向け、お互いの表現を披露し合いながら融合することで、今までにない新たな表現を生み出す創作活動を行いました。祇園のお囃子の音色に導かれるように、会場には2日間でおよそ800人の観客が訪れ、表現者たちが“文化混流”しながら新しい表現を創り上げていく様子をご観覧いただきました。
ワークショップには、総監修を務める野田秀樹や2015年より参加している女優の松たか子に加え、「食」を通じて表現するアーティスト・諏訪綾子/フードクリエイション、甲冑を纏い力強い「書」のパフォーマンスを行う書道家・青柳美扇などが初参加しました。また、京都を拠点とする文化の表現者として、佳つ菊(祇園甲部芸妓)、豆千佳(祇園甲部舞妓)、祇園祭鷹山保存会 囃子方、村田製作所チアリーディング部(球乗り型ロボット)が参加し、“東京キャラバン in 京都”ならではの、新しい表現を創り上げていきました。さらに、2015年の東京キャラバン始動より、キャラバンが訪れた各地で出会い創作を重ねてきた、津軽三味線「小山会」、仙台を拠点に活動する和太鼓「Atoa.」、“東京キャラバン”アンサンブル、振付家・井手茂太らもワークショップに参戦。
「普段出会わないもの同士の交わりから新しい何かを見出す。」その野田の言葉通り、参加アーティストらが日常にない交わりを楽しみながら活き活きと表現する姿に引き込まれるように、会場に集った多くの観客が見守り、反応してくれる素晴らしい創作の場となりました。
※本文中の「祗園」の「ぎ」は、システム上のフォントの都合により「示」へんにて表示されますが、正しくは「ネ」へんとなります。

京都・二条城の詳細はこちら

PHOTO

ARCHIVE

PAGE TOP