2017.9.9-9.10Hachioji

八王子

「踊り」をテーマにした八王子のキャラバンでは、近藤良平(振付家・ダンサー・「コンドルズ」主宰)が東京キャラバンに初参加し、総監修の野田秀樹とタッグを組み、観客が参加して一緒に作り上げていく“参加型”東京キャラバンに挑戦。
まずはそれぞれの踊りのレクチャーを受け、参加者全員で学び、ロカビリー、パラパラ、ジュリアナなど50年代から現代までの踊りや、沖縄から東北まで、各地の伝統の踊りを融合させた唯一無二の「踊り」を創作していきました。快晴の空の下、沖縄の琉球舞踊とジュリアナ・ディスコダンスとのコラボレーション、仙台すずめ踊り、ハイヤ踊り(熊本県立天草拓心高等学校郷土芸能部)とパラパラのコラボレーションなど、“東京キャラバン in 八王子”でしか出会うことのない「踊り」を堪能。琉球舞踊やパラパラに合わせて、地元・八王子芸妓衆が参加者とともに舞う姿は、東京キャラバンならではの“文化混流”となりました。野田が“東京キャラバン”アンサンブルと創り上げ、京都・二条城で発表した「夏の魂の中で」を披露する場面も。
広大な会場の中心には、現代アーティスト・日比野克彦デザインの、東京キャラバン特製「やぐら」が登場。参加者が“ライン引き”を使って思い思いの地上絵を描き、会場を盛り上げてくれました。段ボールを使ったお面づくりや、紙や絵具を使った衣装づくりのワークショップも実施し、小さな子供からお年寄りまで参加者の笑顔あふれる“東京キャラバン in 八王子”となりました。
初の“参加型”東京キャラバンは、多様なアートと古今東西のダンスや伝統舞踊など様々な文化が交じり合い「他では決して味わうことのできない」新しいアートパフォーマンスを創り上げ、延べ約1,700人の参加者と共に踊り尽くす2日間となりました。

PHOTO

ARCHIVE

PAGE TOP