SCROLL

ABOUT

東京キャラバンとは

人と人が交わるところに
「文化」が生まれる。

野田秀樹が提唱する
「人と人が交わるところに『文化』が生まれる。」
というコンセプトに賛同する多種多様なアーティストが出会い、
国境/言語/文化/表現ジャンルを超え
“文化混流”のワークショップを行い、共に創作していく中で、
新たな生き生きとした「文化」が生まれる。
そうして生まれた「文化」を持って、
日本全国をキャラバンして回ることで、
各地においてまた新たな「文化」が生まれていく…
そんな文化ムーブメントが「東京キャラバン」です。

  • 2018
  • 秋田
  • 高知
  • 豊田
  • 2017
  • 熊本
  • 八王子
  • 京都
  • 2016
  • 六本木
  • 相馬
  • 仙台
  • リオデジャネイロ
  • 2015
  • 駒沢オリンピック公園
TOKYO
CARAVAN

FOOTSTEPS

東京キャラバンの軌跡

熊本

KUMAMOTO

2017.10.9-10.13・10.15

熊本の各所を、そこに住まう人々を、文化を“巡る”
伝承と発見の“巡り会い”が熊本城二の丸広場で花開く
  • Photo:宮井正樹

  • Photo:宮井正樹

  • Photo:宮井正樹

  • Photo:宮井正樹

  • Photo:宮井正樹

  • Photo:宮井正樹

  • Photo:宮井正樹

  • Photo:宮井正樹

  • Photo:宮井正樹

八王子

HACHIOJI

2017.9.9-9.10

“踊り”。それは人々の営みと歴史が刻まれた文化
古今東西の踊りと表現者たちが出会い躍動する二日間
  • Photo:井上嘉和

  • Photo:井上嘉和

  • Photo:井上嘉和

  • Photo:井上嘉和

  • Photo:井上嘉和

  • Photo:井上嘉和

  • Photo:井上嘉和

  • Photo:井上嘉和

  • Photo:井上嘉和

ARTISTS

アーティスト紹介

  • 坂口 修一郎Shuichiro Sakaguchi

    坂口 修一郎Shuichiro Sakaguchi

    (トランペット)音楽家、プランニング・ディレクター、Double Famous / BAGN Inc.代表。1993年無国籍楽団ダブルフェイマスを結成。音楽活動の一方2004年代官山UNITの設立に参加。2010年より鹿児島でクロスカルチャーな野外イベントGOOD NEIGHBORS JAMBOREEを主宰している。現在はランドスケーププロダクツ内にディレクションカンパニーBAGN Inc.を設立。ジャンルを越境したイベントのプロデュース/ディレクションを多数手がけている。著作として「ぼくらの岡山案内」(岡本仁と共著)がある。

  • 八王子にぎやかし隊Hachioji Cheering Band

    八王子にぎやかし隊Hachioji Cheering Band

    2017年「東京キャラバン in 八王子」を近藤良平とともに盛り上げるために結成されたパフォーマンスチーム。メンバー:安部萌、岩坪成美、小澤閲子、香取直登、河合祥子、ぎたろー、五月女侑希、進士由香、中井沙織、福島梓、宮内愛、安田有吾、山下真由美

  • 日比野 克彦Hibino Katsuhiko

    日比野 克彦Hibino Katsuhiko

    1958年 岐阜市生まれ。アーティスト、東京藝術大学美術学部先端芸術表現科教授。 1984年 東京藝術大学大学院卒業。'80年代ダンボールを使った作品で注目され、'82年に第3回日本グラフィック展大賞受賞。'83年第30回ADC賞最高賞受賞。'86年シドニー・ビエンナーレ 出展。'95年 ヴェネチア・ビエンナーレ 出展。'99年 毎日デザイン賞グランプリ受賞。近年では、地域の人々と制作を行いながら、受け手の力に焦点を当てたアートプロジェクトを展開している。 主なアートプロジェクトには、'03年~越後妻有アートトリエンナーレ 大地の芸術祭「明後日新聞社文化事業部」発足、同時に「明後日朝顔プロジェクト」を開始。 '07年 金沢21世紀美術館「ホーム→アンド←アウェー」方式、'10年~現在 瀬戸内国際芸術祭「海底探査船美術館プロジェクト 一昨日丸」を発表。 主な監修作品・展覧会には、'12年 ぎふ清流国体・ぎふ清流大会 総合プロデューサー。'13年 より「六本木アートナイト」アーティスティックディレクター'14~'15年 日本財団アール・ブリュット美術館合同企画展「TURN/陸から海へ(ひとがはじめからもっている力)」監修。'15年 ぎふメディアコスモス みんなの森 ・みんなのギャラリーにおいて「みんなのアート」展 企画監修。 主な役職として、日本サッカー協会理事。東京芸術文化評議会 2020年の東京の文化政策検討部会 専門委員。‘15年4月より岐阜県美術館 館長を務める。
    2015年度の東京キャラバンを監修。

  • 湯村輝彦(a.k.a.Terry Johnson)Teruhiko Yumura

    湯村輝彦(a.k.a.Terry Johnson)Teruhiko Yumura

    東京都生まれ。多摩美術大学卒業。フラミンゴ・スタジオ主宰。元祖ヘタうまイラストレーター。一見、誰でも描けそうだが、実は誰にも描けない独自のヘタうま絵を駆使して70年代から活躍。海外にもファンは多く、2014年秋、フランスで開催され話題を呼んだ「HETA-UMA展」では宣伝メインビジュアルを担当した。著書の『決定版ヘタうま大全集』(ブルース・インターアクションズ)はヘタうま絵を知る上での貴重な一冊になっている。

  • 岡田カーヤOkada Kaya

    岡田カーヤOkada Kaya

    (アルトサックス・隊長)ライター、編集者、音楽家。街の楽団「Double Famous」ではサックス、アコーディオンなどを担当。旅と日常の間で、人の営み、土地に根ざした食や音楽などの記事を書く。書籍などの企画・編集を行うほか、『翼の王国』『ソトコト』『dancyu』などで執筆。ワインとスープを飲み歩くのが好き。

  • 小西 英理Eri Konishi

    小西 英理Eri Konishi

    (アコーディオン)大阪芸術大学卒業、鍵盤奏者、作曲、カリブ音楽好き。2000年演奏活動スタート、copa salvo結成、キューバレコーディング決行。Matt sounds ではジャマイカRock steadyアーティストのサポート。参加バンド : copa salvo / 光風 & GREEN MASSIVE / EXOTICO DE LAGO / KARAMUSHI&Super Friends / Matt sounds (piano) / erimori / eribaku / 小西英理ピアノトリオ / CULTIVATOR / OBRIGARRD session / etc.

PAGE TOP